F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:ロシアGPでホンダの新PU『スペック3』投入、燃焼系の性能向上など各種アップデート

2018年9月28日

 ついにホンダが第16戦ロシアGPで最後のジョーカーを切ってきた。パワーユニット『スペック3』の投入だ。


 ホンダは公式にはスペック3という名称は使用していないが、第7戦カナダGPに投入したパワーユニットを『スペック2』と呼んでおり、田辺豊治F1テクニカルディレクターも今回のアップデートバージョンを「スペック2の次」と語っていることからも、スペック2.5というような中途半端なアップデートではなく、スペック3と呼んでいいだろう。


 では、今回ホンダはどこをアップデートしてきたのか。それは、ICE(エンジン本体)とMGU-H(熱エネルギー回生)、そしてターボだ。「ICEは燃焼系の性能向上を目指したもので、MGU-Hを見て、弱そうなところを改善し、ターボも詳しくは言えませんが、信頼性向上を図って部品を変えてた」(田辺TD)という。


 もちろん、このスペック3はピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーの2台のマシンに搭載される。


 ただし、その仕様は微妙に異なる。1台のマシンにはES以外の5つのコンポーネントを新品した仕様が搭載され、もう1台のほうにはES(エネルギー・ストア)とCE(コントロールエレクトロニクス)以外の4つのコンポーネントを新品した仕様だ。なお、ESとCEは今回、アップデートはされていない。


 なぜ、このタイミングでアップデートを入れてきたのか。田辺TDは次のように答えた。


「このタイミングというのは、それなりのパフォーマンスアップが確認されたことは確かですが、鈴鹿も当然、視野に入れた決断です。やはり、鈴鹿にぶっつけ本番では臨みたくはなかった。われわれにとっては、やはり日本GPというのは大きいですから」


 スペック3は、ある意味、「鈴鹿スペシャル」とも言えるパワーユニット。ロシアGPから、トロロッソ・ホンダはすでに鈴鹿へ向けた戦いが始まっている。

2018年F1第16戦ロシアGP トロロッソ・ホンダ


2018年F1第16戦ロシアGP トロロッソ・ホンダ



(Masahiro Owari)




レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報