F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

バンドーン「速さがあったため、戦略を使って順位を上げることができた。予選がよければ入賞できたはず」:F1シンガポールGP日曜

2018年9月17日

 2018年F1シンガポールGP決勝で、マクラーレンのストフェル・バンドーンは12位だった。


■マクラーレンF1チーム
ストフェル・バンドーン 決勝12位
 レース展開にあまり動きがなかったことを考えれば、まずまずの走りができたと思う。スタート直後しかセーフティカーは出動しなかった。1周目にアクシデントが1回あっただけだったから、それをチャンスとして利用することはできなかった。


 僕らには速さがあり、ピットストップの時期など、ファーストスティントの重要なタイミングの時にいいペースで走ることができた。それによって、スティントを長くとっていくつか順位を上げることに成功したんだ。


 ピットインするころにはタイヤの感触は悪くなってきていたが、それでも同じリズムで走り続けることができた。後方のドライバーたちは何度もブルーフラッグを受けて、そのために時間を失っていた。だからリズムを維持して走れたことは大きなアドバンテージになった。


 自分たちが予選より決勝の方が強いことは分かっているが、シンガポールのようなストリートサーキットでは予選がすべてだ。ポイントを獲得できず残念だ。



(autosport web)




レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報