F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

オコンと同士討ちを喫したペレス「忘れたい週末だよ」:フォース・インディア F1シンガポールGP日曜

2018年9月18日

 2018年F1第15戦シンガーポールGPでフォース・インディアのセルジオ・ペレスは16位、エステバン・オコンはペレスと接触しリタイアを喫した。


■フォース・インディアF1チーム
セルジオ・ペレス 決勝=16位
 今日はチャンスを失ってしまって、とても悲しい気分だよ。1周目のターン3出口で加速していく途中、突然衝撃を感じたんだ。それが誰だったのかは分からなくて、チームがエステバン(・オコン)だったと教えてくれた。


 僕らはどうしたって毎戦でポイントを獲得していく必要があるし、今日は僕らにとって素晴らしい1日になるはずだったから、チームにとってはひどく残念だったと思っている。
その後はレースがかなり困難になってしまい、すぐにポイント獲得が難しいことに気がついた。


 ウイリアムズを追い越すのがどれほど難しいことかを見誤っていたのと、セルゲイ(・シロトキン)がすごくディフェンスしてきて、彼はブレーキング中に動き回っていたんだ。


 ようやく彼の横につけたとき、スペースを狭めようとして早い段階で動いてしまって、接触した。忘れたい週末だよ。起きてしまったこと、失ったポイントに対して残念に思っている。


エステバン・オコン 決勝=DNF
 ペースにはとても強さがあっただけに、あんなに早い段階でレースを終えてしまったことには、ひどく落胆しているよ。この週末はマシンの感触が素晴らしく、良い結果が出せることが分かっていた。けれどもシンガポールをノーポイントで離れることになってしまった。


 スタートで何があったかについての分析はしない。僕に言えるのは、僕は上手くラインをとれていたし、セルジオ(・ペレス)を追い抜くチャンスが見えていたということだけだ。アウトサイドでもグリップはあったのに、衝撃を感じて壁にぶつかっていた。


 今夜、ひとつだけポジティブだったのは、僕らには良いマシンがあるということが分かったということ。ロシアではポイント圏内に戻ることができるよ。まだ6戦が残っているので、できる限り多くのポイントを獲得する。そうして気持ちを切り替え、次のレースに向けて懸命に仕事に当たるんだ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報