F1速報

  • 会員登録
  • ログイン



【レースの焦点】計算し尽くされたラインとドライビングスキル、理不尽と戦ったメカニックたちへの最高のプレゼント/F1第3戦中国GP

2018年4月19日

 オーストラリア国歌が流れるなかで、ダニエル・リカルドの笑顔が崩れた。波乱の中国GPを制した勝者は、涙を見せまいと目頭を押さえた。初優勝を飾った時にも、これまでの5回の勝利でも大きな笑みを保っていたドライバーが、上海では溢れる思いを抑え切れなかった。

「僕はたくさんのエモーションに包まれていた。インラップでは笑みばかり溢れて、多くの言葉は浮かばなかった。表彰台ではほとんど泣きそうになった。記者会見ではこのレースのこと、そして先週のことを考えていた。このスポーツがどんなに自分を落胆させるものか、でも同時に、どれほど最高の気分をもたらしてくれるのか、ということも」

 1週間前のバーレーンGP、パワーユニットのトラブルによってわずか1周でリタイアしたリカルドは、「2時間分のアドレナリンを自分のなかに貯めたままで、僕はどうしたらいいんだろう?」と言ってサーキットを後にした。上海でもFP3を走り始めてすぐにターボチャージャーが壊れ、予選には間に合わないとほとんど諦めていた。

「自分にはどうしようもないことがあまりにたくさん起こって、打ちのめされ、フラストレーションを感じていた。時には“どうしてこんなスポーツを選んだんだろう?”と自問することさえあるんだ」

 レッドブル+ルノー製パワーユニットは、これまでも何度も理不尽なペナルティをドライバーに負わせてきた。昨シーズン終盤以来、クリーンな週末を戦えたことはほとんどなかった──。バーレーンGPのリタイアは、表面張力でなんとか保っていた感情に“最後の一滴”を落としてしまったのだろうか。

 ピエール・ガスリ―の予選6位に祝福を送りながら、リカルドは「僕もトロロッソで初めてバーレーンGPを戦った時に予選6位だった」と振り返った。スタート直後に16番手までポジションを落とした2012年の経験は手厳しい教訓となり、その後何カ月もの熟考へとリカルドを導いたが、それが“攻撃と冷静”を兼ね備えた今日の彼の礎となった。

 ガスリーの活躍を見て、リカルドはきっと、あれから6年もの時間が流れたことを感じていただろう。信頼性の高かった当時のF1では1レースごとに学び、進歩を重ねることが可能だったのに、今日のF1はしばしば、走る機会さえ奪ってしまう。ドライバーというアスリートを“戦えない孤独”に追いやりながら。

XPB Images

 リカルドの心に躍動感を呼び戻したのは、FP3の後、記録的な速さでパワーユニット交換を成し遂げたメカニックたちだ。「No.3」のレッドブルがコースインしたのは、Q1終了まで3分を切った時のことだった。





レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報