F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【特集】チーム関係者が語るF1世界チャンピオン(3):あらゆる分野の頂点を追い求めるアロンソの熱意

2018年1月12日

 F1チームで重要な役割を果たしている関係者たちがそれぞれの視点から現役世界チャンピオン4人について語るF1i.comの連載企画。第3弾はマクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエが2度の世界王者に輝いたフェルナンド・アロンソについて語った。 


———————————–


「フェルナンドが他のドライバーと決定的に違うのは、誰よりも速く走りたいという強い気持ちだ」
 それは単にF1だけに限らないと、エリック・ブーリエは言う。


「芝刈り機のエンジンの付いたゴーカートでさえ、フェルナンドは1位にならなければ気が済まない。遊びでテニスに興じても、200%の力でプレイする。F1の週末と、同じくらいの熱心さでね。これが僕が今まで直接知る他のF1ドライバーたちと、フェルナンドとの一番の違いだ。彼が本当に興味があるのは、何であれ頂点に立つことなんだ」

2017年 エリック・ブーリエ、フェルナンド・アロンソ

「しかしその気持ちがあまりに強過ぎるために、周囲の人間にはなかなか理解されない。ともすればフェルナンドは、難しい性格だと見なされがちだ。しかし実際には、決してそんなことはない。彼がいかに負けず嫌いで、勝ちたいという気持ちが強いのかを知れば、十分に受け入れられるレベルだよ」


「フェルナンドはコースインした1周目から、マシンの性格を見極め、性能を出し切ることができる。死角のないドライバーなんだ。予選一発に限れば、おそらくルイス(ハミルトン)の方がコンマ1秒速いだろう。しかしフェルナンドはあらゆる領域で、まんべんなく優れている」


「エンジニアへのフィードバック、スタッフのやる気を奮い立たせる力、戦闘力のないマシンでも彼なら必ず何かを成し遂げてくれるという期待、そしてほとんどミスを犯さない。フェルナンドがどれほどかけがえのないドライバーか、どれだけ言っても足りないくらいだ」


「その中でも特に強調したいのは、ミスの少なさだね。予選アタックでもレース本番でも、ミスを犯すことはほとんどない。去年のように中団以下に埋もれながらレースをスタートしても、動物的な危機回避能力でダメージを負わずに1コーナーを抜けて行く。フェルナンドほどのドライバーを、私は今まで見たことがないね」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Kunio Shibata)




レース

10/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報