F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン・ホンダの栄光は遥か遠く……2018年から心機一転の再スタートを【今宮純のザ・ショウダウン】

2017年9月27日

 F1ジャーナリストの今宮純氏が様々な要素を【対決】させていく連載企画。第12回はホンダ第1〜3期と15年からスタートした新生ホンダを比較する。

-----------------------

 マクラーレン・ホンダの“離婚”が正式に発表された週末、54戦目となるシンガポールGPはストフェル・バンドーンが自己ベスト7位、フェルナンド・アロンソはセバスチャン・ベッテルたちのクラッシュに巻き込まれる形で6回目のリタイアとなった。

XPB Images

 今シーズン13戦でDNS(スタートできず)1回、DNF(フィニッシュできず)6回。原因はさまざまだが敗走の連続であった。今シーズンにアロンソがチェッカーを見たのはスペイン、アゼルバイジャン、ハンガリーGPのわずか3レース(バーレーン・カナダ・イタリアGPは完走扱いのリタイア)――。

 15年から54戦しリタイア32回、DNS4回、2台のマシンを走らせるチームとしての“敗走率”は66.7%、グリッドダウン・ペナルティは合計740だ。めざすゴールは遥か遠くたどり着くことさえ難しく、3シーズン目の途中で終焉の時を迎えた。

 4年前、13年5月16日午後4時に本田技研本社で“新生マクラーレン・ホンダ”復活が発表された。その日の午前9時に緊急記者会見を開くとの連絡が広報部から届いた。

XPB Images

 いままでもホンダはF1にかかわる発表は、やるときも辞めるときも急に知らせてくる。一部マスメディアにリーク情報が洩れ、海外で公然のニュースになってから公式に本社発表するのが恒例だった。それでも会見場には多数の専門誌系記者が集まる。『ホンダF1』にファンならずとも内なる思い入れがあるからだ。

 この発表に際し「F1活動の“第4期”という表現は避けてください」と、非公式な要望(申し入れ)があった。第1期64〜68年、第2期83年〜92年、第3期00〜08年。これから再開する第4期をなぜそう言わず(書かず)にいてくれとこだわるのか当時は不可解な思いがした。





レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報