F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン、2018年はファンに向けて伝統の“パパイヤカラー”復活を検討

2017年12月29日

 マクラーレンは2018年シーズンのマシンカラーリングにパパイヤオレンジの復活を検討しているようだ。 


 1年前、マクラーレンは元々のカラーリングに戻すことをほのめかしたため、ファンたちは固唾を呑んで待ち焦がれていた。しかし、2017年に発表されたカラーリングはオレンジとブラックの組み合わせだった。

2017年F1第19戦ブラジルGP マクラーレン・ホンダの集合写真

 だがマクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、カラーリングを再度変更する可能性があり、パパイヤオレンジに戻すことをほのめかしている。


「我々は真剣に検討しているところだ。2018年にカラーリングを変更する可能性はとても高い」とブーリエはMarca紙に述べた。


 しかし、マクラーレンの拠点であるウォーキングのファクトリーにおける一番大きな変更はエンジン面だろう。3年間ホンダエンジンに苦闘した後、エンジンマニュファクチャラーはルノーが取って代わることになった。ブーリエによると移行は予定通りスムーズに行われているという。


「変更はとても順調に行われてきており、喜ばしく思っている」


「非常に整然としており、作業はほとんど終わっている。今は開発とパフォーマンスに関することに取り掛かっている」


「変更によってチームの士気は上がってきている。マクラーレンの全員がメルボルンに行くのを楽しみにしているよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

11/23(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/24(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/25(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン408
2位セバスチャン・ベッテル320
3位キミ・ライコネン251
4位マックス・フェルスタッペン249
5位バルテリ・ボッタス247
6位ダニエル・リカルド170
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス62
9位ケビン・マグヌッセン56
10位カルロス・サインツJr.53

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス655
2位フェラーリ571
3位レッドブル419
4位ルノー122
5位ハース93
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア52
8位ザウバー48
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報