F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ボッタスがメルセデスF1のファクトリー訪問との報道。シート合わせの準備も?

2016年12月31日

 2017年、メルセデスF1への加入が濃厚とみられているバルテリ・ボッタスが、同チームのファクトリーを訪問したと報じられた。


 王者ニコ・ロズベルグの突然の引退発表により空席が生まれたメルセデスのF1シート。その大本命とみられるボッタスは、クリスマス前にメルセデスF1チームの拠点を訪問したようだ。


 この際、チームとボッタスは17年型マシンのシートポジションに関する話し合いを行ったほか、タッグを組む可能性のあるエンジニアと予備的なテクニカル・ミーティングを実施したとされている。


 なお、メルセデスとボッタスが最終的な契約に至ったかどうかは不明のまま。また、以前にアナウンスされているように、メルセデスは2017年を迎えるまでロズベルグの後任に関する発表は行わない見込み。


 メルセデスはロズベルグの引退発表直後から、ボッタスを後任最有力と考えてきたとみられているが、17年もボッタスとの契約を有するウイリアムズは移籍に難色を示しているとされている。


 また、ウイリアムズはボッタスの移籍を認める条件として、経験豊富なドライバーを用意するよう求めていたとされているが、これについては16年限りでF1引退を表明していたフェリペ・マッサを慰留。現役を続行させる方向で調整が進んでいると報じられた。


 ボッタスがメルセデスへ移籍し、マッサがウイリアムズで現役を続行した場合、メルセデスでリザーブドライバーを務めてきたパスカル・ウェーレインは、経験を積むべくザウバーへ加入する見込み。


 なお、これら3チームのシートが確定した場合、17年のドライバーラインアップが未定なのはマノーの2席のみとなる。



(AUTOSPORTweb)

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています




レース

11/13(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/14(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/15(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号