F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2017年もザウバー残留のエリクソン「16年は精神的にも強くなれた」

2016年12月31日

 マーカス・エリクソンは2016年シーズン、経験を積み重ねたこと、自身の精神的アプローチを変えたことで、より強いドライバーへと成長できたと語った。


 エリクソンは15年シーズン前半、所属していたザウバーで実力を見せようと自身にストレスをかけていたと明かし、それが無理なドライビングに繋がっていたと認めた。


 しかし、16年はレースウイークへの取り組み方を変えたことで、精神的にも強くなったと感じたという。


 16年、ザウバーから参戦したエリクソンとフェリペ・ナッセのうち、ポイントを獲得したのはナッセだけだったものの、予選ではエリクソンが12勝7敗、2台とも完走したレースでもエリクソンが9勝4敗とナッセを上回っている。


 17年もザウバー残留が確定しているエリクソンは「今年は週末を通して、より上手く取り組むことができた」と、16年を振り返る。


「僕にとって、フリー走行は1番重要なセッションではなくなった。今年は予選に集中すると決め、それが功を奏したんだ」


「より速く走るために、具体的にどうするべきなのかを理解することができたよ」


「(自身のドライビングスタイルでは)コーナーへの進入時にリヤが安定している必要がある。そうすればコーナーの立ち上がりで自信を持ってアクセルを踏んでいけるんだ」


「これまでは自分に何が必要なのかを100パーセント理解できていなかった」


「小さな進歩に聞こえるかもしれないけど、こういった差が最後に大きな違いを生むことになる」


 またエリクソンは、これまではフリー走行でミスをしたり、マシンの感触に苦労した際、そのイメージが予選や決勝にも悪影響を与えていたとも語っている。


「16年は精神的にも強くなったことが、もっとも大きい変化だと思う。たとえばフリー走行でマシンのセッティングやドライビングでミスがあっても、苛立ちを覚えることはなくなったよ」

エリクソンは2017年もザウバーに残留
エリクソンは2017年もザウバーに残留


「レースウイークで重要なのは土曜日の午後(に行われる予選)と日曜の午後(に行われる決勝)で、フリー走行はそこまで重要ではない」


「1カ所、セットアップが決まっていないところがあっても、考えすぎる必要はないんだよ」


「週末を通して(マシンを)作り上げていくことができて良かった。土曜日の午後にはマシンの準備は整っていて、僕もコクピットへ乗り込む用意が整っていた。あとは予選でマシンのポテンシャルを引き出すだけだったよ」



(AUTOSPORTweb)

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています




レース

12/4(金) フリー走行1回目 22:30〜24:00
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号