F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1「ハミルトンとロズベルグの成績の“ムラ”は説明不可能」

2016年12月31日

 メルセデスF1チームの代表トト・ウォルフは、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの間に強いライバル意識があることを受け入れることが、両者の関係性を管理する鍵だったと述べた。


 ハミルトンとロズベルグはタッグを組んだ4シーズンで計54勝を記録。またハミルトンは2回、ロズベルグは1回、ワールドチャンピオンに輝いている。


 両者には度々、物議を醸す接触などがあったにもかかわらず、チームは互いの対立状態をコントロールしてきた。


 ロズベルグによる突然のF1引退発表前、ウォルフはインタビューに応じ、チームがふたりの関係性をどのように扱ってきたのかを語っている。


「我々は4年間、ふたりのベストドライバーと仕事をしながら、チームの団結を維持することができた」とウォルフ。


「これまで、ふたりのスーパースターがひとつのチームに揃うと、その関係性は1〜2年で破綻してしまうものだった」


「我々にも取りなすのが難しい瞬間や、(争いの発端になりそうな)ちょっとした出来事はあった。しかし、根本ではチームとしてまとまることができていたんだ」


「(ハミルトンとロズベルグの間に)強いライバル意識があることを認めることが重要で、チームとしても、それを意識してきた」


「ただし、そこまで過剰にコントロールする必要はなかった。ふたりは(勝利するために)多くのスタッフが努力していることを認識していたからね」


 また、ハミルトンとロズベルグの協力関係を維持する上で起きた失敗からも学ぶことがあったという。

メルセデスF1は強力なライバル関係にあるハミルトンとロズベルグを4年間に渡りコントロールした
メルセデスF1は強力なライバル関係にあるハミルトンとロズベルグを4年間に渡りコントロールした


 ウォルフは透明性を維持することが、このコンビがうまくやっていくことに重要な役割を果たしたと強調。「自分や他人の過ちから学ぶことが必要だ」と述べている。


「我々はドライバーとパートナーシップを築くことに時間を費やしたが、そのために透明性を維持することは重要な要素のひとつだった」


「我々には“隠された計画”のようなものは存在しない。すべて公にした上で話し合いを進めてきたんだ」


 一方で、ウォルフはふたりのパフォーマンスに波があったことについて、説明がつかなかったと言い、「判別することを諦めた」とコメントしている。


「ある週末に、どちらか一方は成績が良く、もうひとりは思うような結果を残せないというのは、結局マシンに乗っているのがひとりの人間だからだろう。それが史上最高のドライバーだとしてもね」


「彼らにも(調子が)良い日もあれば悪い日もある。コースコンディションがマッチしていなかったのかもしれない。こういった要素が合わさって、成績のムラに繋がっているのだろう」


「特定のパターンのようなものはなかった。ニコが8勝したときもあれば、ルイスが連勝し続けたときもあるし、こういった状況が交互に訪れたこともある」


「科学的に説明をするのは不可能なんだ。だから、分析するのはやめておこう」



(AUTOSPORTweb)

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています




レース

12/4(金) フリー走行1回目 22:30〜24:00
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号