F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1第3戦中国GPの焦点】フラストレーションの溜まるフェラーリの戦略。“スクーデリア最優先”のロジックを通すべき

2019年4月17日

 開幕戦ではレース終盤、セバスチャン・ベッテルより明らかにペースが速いルクレールに対してポジションキープの指示を出した──。どちらが前でもフェラーリとしてのポイントは変わらないのだから、リスクを避ける意味では理解できる選択だった。

XPB Images

 ただし“ふたりを自由に戦わせる”と宣言した直後、開幕戦からのオーダーはファンを落胆させた。だからバーレーンGPのレース序盤の「2周ほど様子を見てくれ」というあやふやな指示を聞き流したルクレールを誰も非難しなかったし、その後のレースを見れば彼の判断は100%正当だった。

 上海では、バーレーンのルクレールと同様にベッテルが即、オーバーテイクを仕掛けるべきだったし、コース特性上それが難しいならチームが10周も待たず、すぐに指示を出すべきだった──。開幕2戦の流れを自分たちで作ってしまったから、余計な感情が介入して必要な時にチームオーダーの判断を下せないのだ。本来、それはチームとして当然の作戦であっても。

 さらに悪いことに、11周目に3番手のポジションを譲られたベッテルは、前が開けた状態になってリズムを崩してしまった。2台の間隔が空けばルクレールには問題がなかったが、意に反して今度はベッテルがチームメイトを抑えるかたちになり、2台そろってラップタイムが1秒も遅くなってしまったのだ。

「かなりタイムをロスしてるよ。(チームが)知りたいかどうかは分からないけど、伝えておくね」

 もともとタイヤに苦労しているのに、なぜ、2台でタイヤを消耗し合うような指示をチームが与えてくるのか、ルクレールには理解できなかったのだ。

 こうしてフェラーリが逡巡している間に、やる気満々のマックス・フェルスタッペンが迫ってきた。レッドブルにとって上海は昨年、31周目のセーフティカー出動でダブルストップを敢行し、ダニエル・リカルドが優勝を飾ったコース。計算上は1ストップ作戦が有利でも、オーバーテイクが可能なコースでは攻めの2ストップにチャンスがあることを知っている。結果、17周目にピットインしたフェルスタッペンはルクレールをアンダーカット──。2台を僅差で走らせていたフェラーリには2台を守ることが不可能で、ベッテルを守るのが精一杯だった。





レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報