F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ロズベルグ、F1中国GPにおけるフェラーリのパフォーマンス不足は「空力が原因」と説明

2019年4月16日

 2016年のF1世界チャンピオンであるニコ・ロズベルグによると、中国GPでのフェラーリのパフォーマンスは、SF90の空力性能が原因で十分に発揮されておらず、マシンはダウンフォース不足に大きく苦しめられていたという。


 中国GPでのフェラーリは、最大のライバルであるメルセデスに対して明らかに遅れをとっていた。マシンはストレートではアドバンテージがあったものの、チームのドライバーたちはコーナーで苦戦していた。


 フェラーリの2019年空力ルールの解釈では、空力ドラッグの低減に重点が置かれている。しかしフェラーリの関係者と話をしたロズベルグによると、そのアプローチがSF90の全体的なバランスを損なっているという。


「現時点でメルセデスは最大の優勝候補だ」とロズベルグはレース後に、Youtubeのビデオブログで語った。


「彼らは本当に強く見えるし、フェラーリは苦戦している。フェラーリはマシンを空力的に適正ではない状態にしてしまっている」


「彼らのマシンはドラッグが小さすぎ、コーナーにおいて十分なダウンフォースを得られていない」


「そのせいで彼らは多くのタイムを失っている。可能な限り最速のラップタイムを叩き出すという点で、理想的な状況ではないね。マシンのせいで、正しいポジションにつけられずにいるんだ」


 バーレーンGPではフェラーリの空力構成が効果を発揮したものの、中国GPではそれが妨げになることが判明した。チームはマシンのダウンフォースを増加させようと、無駄な試みをしたことになる。


「彼らはもっと効果の大きなリアウイングを装着しようとしていたが、必要なだけのものがなかったんだ」とロズベルグ。


「彼らはリヤウイングを作る必要があるが、単に(新たな)リヤウイングを装着するのは効率的なやり方ではない。なぜならダウンフォースとドラッグは、1対1の割合で増加するからだ」


「それは進むべき方向ではない。やるべきことは、フロントウイングやエンドプレートのような、マシンの他の部分から効果を得ることだ」


「それが今、重点を置かなければならないことだ。だがそれには多くの作業が必要になる。時間がかかるのはあまり良いことではない」


 ロズベルグは、バクーで行なわれる次戦アゼルバイジャンGPで、フェラーリが大きく改善を見せるかどうかは定かではないという。


 コースにある非常に長いストレートはフェラーリのSF90にとって有利であることが証明されるだろう。しかしそのようなアドバンテージも、1周を走るうちにすぐに薄れてしまう。コースレイアウトには多くの低速コーナーが含まれているからだ。


「バクーについては、確かなことは分からない」とロズベルグ。


「多くの低速コーナーがあり、そこでフェラーリはタイムを失うだろう。そして多くのストレートで彼らは巻き返すだろう」


「フェラーリが前に出られるコースであるかどうか、判断するのは非常に難しい。様子を見ることになるだろう。今の時点では、メルセデスがどのコースでも先頭になると僕は思う。たとえバルセロナでもね」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/9(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
10/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アイフェルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン230
2位バルテリ・ボッタス161
3位マックス・フェルスタッペン147
4位ダニエル・リカルド78
5位セルジオ・ペレス68
6位ランド・ノリス65
7位アレクサンダー・アルボン64
8位シャルル・ルクレール63
9位ランス・ストロール57
10位ピエール・ガスリー53

チームランキング

※アイフェルGP終了時点
1位メルセデス391
2位レッドブル・ホンダ211
3位レーシングポイント120
4位マクラーレン116
5位ルノー114
6位フェラーリ80
7位アルファタウリ・ホンダ67
8位アルファロメオ5
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第11戦アイフェルGP 10/11
第12戦ポルトガルGP 10/25
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第10戦ロシアGP号