F1速報

  • 会員登録
  • ログイン



浜島裕英のF1人事査定 第十八回査定「苦肉之策」

2015年11月6日

こちらのコラムはF1速報サイトでしか読めない、完全オリジナルコラムです。

第十八回査定「苦肉之策」
 メキシコGP。標高2.235mというエルマノス・ロドリゲス・サーキットのロケーションと新しい路面が、チームやドライバーに難題を突き付けたグランプリでした。

 日本にあるこの辺りの高さの山は、山形県と秋田県にまたがる鳥海山:2.236m、北海道の大雪山系にある白雲岳:2.230m、そして群馬県尾瀬にある至仏山:2.228mなどですから、サーキットの状況が、いわゆる地上とは大きく違いそうな感じが、何となく解るでしょう。

 この高度によって、大気圧は概ね0.77気圧(標高0m、気温15℃で1気圧とすると、標高2.200mでは、気温0.71℃で0.765気圧)で、そして空力に効く空気の密度は、1.225 kg/立方メートル@標高0m)が0.986 kg/立方メートル(@標高2.200m)へとほぼ20%減少するのです。

 空気抵抗とダウンフォースは、空気密度に比例しますから、モナコGPと同じ空力のパッケージを付けたとしても、空気抵抗は20%減って最高速が伸び、ダウンフォースも20%減る計算になります。

 また空気が薄いことにより、色々なものの冷却効率は低下してしまいます。運動エネルギーは、高地に行っても同じですから、最高速が出てしまったクルマの速度を、ダウンフォースが少ないためにグリップが低いタイヤでクルマをコーナリングさせるには、いつも以上に減速させなくてはなりません。このためブレーキの仕事量は増加しますから、当然発熱量は増大することになります。これを冷却するためには、大量の空気が必要になるわけですが、ブレーキダクトの開口部の大きさの規定があるため、冷却用の空気を多くすることはできず、しかも前述したとおり通常よりも冷却効率が悪いので、ブレーキがオーバーヒートし易くなりました。

xpb

 これが、いつも以上にブレーキに課題を抱えたクルマが多く見られた原因です。フリープラクティスでメルセデスAMGのクルマのブレーキから出火したのも、これが一因だったと考えていいでしょう。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。



※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。

会員登録ページへ

※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

3/13(金) フリー走行1回目 10:00〜11:30
フリー走行2回目 14:00〜15:30
3/14(土) フリー走行3回目 12:00〜13:00
予選 15:00〜
3/15(日) 決勝 14:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP(中止) 3/15
第2戦バーレーンGP(延期) 3/22
第3戦ベトナムGP(延期) 4/5
第4戦中国GP(延期) 4/19
第5戦オランダGP(延期) 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報