F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【新連載】F1歴史アーカイブス:計29回達成しているホンダのワンツーフィニッシュの軌跡

2019年5月24日

 様々なF1データをひも解きながら、現在と過去の歴史を読み解く新連載コラム。前回に引き続きホンダの数字と記録についてモータースポーツライターの林信次氏が語る。

--------------------------

 前回の補足として、ホンダF1活動の具体的な戦績をもう少し詳しく見てみよう。

出走台数優勝表彰台PPFL
第一期(1964-68年)35戦46台2勝5回1回2回
第二期(1983-92年)151戦387台69勝149回73回55回
第三期(2000-08年)155戦453台1勝19回3回0回
2015年〜86戦182台0勝2回0回3回

 PPはポールポジション=予選1番手、FLは最速ラップ=決勝レース中のベストラップタイム樹立、を意味する。データは2019年第5戦スペインGP終了時点のもの。

 マクラーレンとタッグを組み参戦した2015年〜2017年。マクラーレンと離別後、トロロッソとともに戦った2018年。そして参戦5年目となる2019年は新たなパートナーとしてレッドブルとタッグを組んでいる。今年は、圧倒的強さを誇るメルセデスを追う存在としてフェラーリ以上に善戦している感が強いレッドブル・ホンダだが、数字・記録にはなかなかそれが表れにくい。

 かつてはメルセデス自身もそうだった。フェラーリやレッドブル・ルノーを脅かしていたメルセデスが突如勝ち始めるのは2013年のこと。そしてひとたび勝ち始めるや、数年間それが続くことが多い。2000年代前半のフェラーリがそうだったし、1990年代半ばのウイリアムズ・ルノーもそうだった。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報