F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル・ホンダF1密着:3位表彰台はミスのない走りとチームの総合力の成果。しかし進歩著しいメルセデスは遠く

2019年5月13日

 F1第5戦スペインGPでは開幕戦のオーストラリアGP以来、今シーズン2度目の表彰台を獲得したレッドブル・ホンダ。予選では0.085秒、フェラーリのセバスチャン・ベッテルに及ばなかったマックス・フェルスタッペンだったが、レースではスタート直後にオーバーテイクした後、ほぼ寄せ付けない危なげない走りで実力で3位を獲得した。


 僅差だった予選から一転、レースでフェルスタッペンがベッテルを終始上回ることができたのは、ミスを犯したかどうかだった。


 スタート直後、まずミスしたのはベッテルだった。スタートダッシュに成功したベッテルは、メルセデスの2台に並びかけるようにして1コーナーへ進入。しかし、ブレーキングでロックさせて失速。それをフェルスタッペンは見逃さず、すかさず3コーナーで走行ラインを変えて、オーバーテイクした。


 昨年の前半はたびたび接触事故を犯し、さまざまな批判を受けていたフェルスタッペンだが、今年はレースでミスのない冷静な走りが目立つ。田辺豊治F1テクニカルディレクターも「このサーキットはオーバーテイクが難しいので、1周目が肝になりました」とフェルスタッペンの走りを高く評価していた。


 ミスを犯したのは、ドライバーだけではない。ピット作業でもこの日のフェラーリは1回目のピットストップでベッテルだけでなく、シャルル・ルクレールのタイヤ交換でも手間取り、タイムをロスした。


 そのミス自体が結果に大きく影響することはなかったが、チームの総合力でもスペインGPではレッドブル・ホンダがフェラーリを上回っていた。山本雅史マネージングディレクターは「マックスの素晴らしい走りだけでなく、レッドブルの戦略とピットストップ作業も素晴らしかった」と、チームへ対しても賛辞を贈っていた。

■フェラーリとの差は縮まったが、課題も明確に

 この日のレースで、フェルスタッペンはフェラーリ勢2台を完封したが、チームメイトのピエール・ガスリーはフェラーリの後塵を拝し、6位に終わった。したがって、レッドブル・ホンダがフェラーリを上回ったと言うには、まだ早い。さらに田辺TDはこの結果が実力どおりかはまだわからないと言う。

2019年F1第5戦スペインGP 3位表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペンのトロフィー
2019年F1第5戦スペインGP 3位表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペンのトロフィー


「予選とレースの結果から判断すると、これまでよりフェラーリとの差は縮まったと思います。ただ、フェラーリは浮き沈みが多いので、今回が沈んでいるときだと考えると、今後ほかのサーキットでまた差を広げられる可能性もあるので、まだまだ安心はできません」


 そして、レースを終えて、新たな課題も明確になった。この週末は、車体をアップデートしてきたメルセデスがさらに前進し、前人未到の開幕5戦連続の1-2フィニッシュを達成したからだ。


 フェラーリとの表彰台争いは制したものの、レッドブル・ホンダ陣営にそれを手放しで喜んでいる様子はなかった。



(Masahiro Owari)




レース

7/3(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/4(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/5(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス25
2位シャルル・ルクレール18
3位ランド・ノリス16
4位ルイス・ハミルトン12
5位カルロス・サインツJr.10
6位セルジオ・ペレス8
7位ピエール・ガスリー6
8位エステバン・オコン4
9位アントニオ・ジョビナッツィ2
10位セバスチャン・ベッテル1

チームランキング

※オーストリアGP終了時点
1位メルセデス37
2位マクラーレン26
3位フェラーリ19
4位レーシングポイント8
5位アルファタウリ・ホンダ6
6位ルノー4
7位アルファロメオ2
8位ウイリアムズ0
9位レッドブル・ホンダ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストリアGP 7/5
第2戦オーストリアGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP