F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム 第5戦スペインGP編:アップデート効果でフェラーリと互角の戦いに持ち込めたレッドブル

2019年5月20日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のレッドブル、トロロッソのコース内外の活躍を批評します。2019年F1第5戦スペインGPを甘口の視点でジャッジ。

----------------------------

 開幕戦のオーストラリアGP以来、今シーズン2度目の表彰台を獲得したレッドブル・ホンダ。この結果は、開幕戦以上に意味のある結果だと言っていい。

 まず開幕戦のオーストラリアGPの舞台であるアルバートパーク・サーキットは市街地コースのため、路面もバンピーでストレートをコーナーでつないだ独特のコース。さらに事前にテストもしていないため、車体の性能差が出にくい。

 それに対して、今回スペインGPが行われたカタロニア・サーキットは、開幕前にテストが2回行われ、走りこまれた勝手の知ったコース。しかも、開幕から8週間が過ぎ、どのチームもアップデートした最新のパーツを持ち込んでいた。つまり、真の実力が反映されるサーキットだといっていい。
 ライバルであるメルセデスは、新しい空力パーツを複数持ち込めば、フェラーリは空力パーツだけでなく、2基目のICE(エンジン)を自チームの2台のマシンにのみ投入してきた。

 その中でレッドブルは予選でマックス・フェルスタッペンが、フェラーリのセバスチャン・ベッテルにわずか0.085秒及ばないタイムで2列目4番手を獲得。

 前戦アゼルバイジャンGPではペナルティを受けていたため、予選での戦い方に妥協を強いられていたピエール・ガスリーが、フェラーリのシャルル・ルクレールのコンマ2秒差の6位につけた。

 第2戦バーレーンGPと第3戦中国GPではフェラーリにやや水を開けられていたホンダだが、アゼルバイジャンGPでのスペック2投入とスペインGPでの車体のアップデートによって、パッケージとしてはフェラーリとの差を開幕戦からさらに縮めた格好となった。

 ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターも「ここはテストで走り込んでいるサーキットで、他のチームもクルマをアップデートしてくるので、第二の開幕戦と言われています。そのため、われわれも期待していたグランプリでした。このスペインGPでフェラーリと互角に戦って、1台は前に行けたことは、われわれが着実に前進している結果だと思います」と、評価していた。





レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サクヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 総集編