F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

パドック裏話 第4戦アゼルバイジャンGP編:照明の眩しさにハミルトンが実力行使

2019年5月8日

 ちょっと毒舌なF1ジャーナリストがお届けするF1の裏話。2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP編です。

--------------------------------

 アゼルバイジャンへ向かう時に、毎年期待できることがひとつあるとすれば、それは大波乱のレースだ。ゆえに、日曜のレースを観た人々の多くは、イライラしたり困惑したりせざるをえなかった。

 週末の始まりはドラマティックだった。排水口の蓋が外れるというトラブルで、FP1は実質的にキャンセルとなり、FP2では赤旗が2回、予選でも赤旗による中断が2度あった。そして前座のF2レースでは、実に合計6回もセーフティカーが出動したのだ。この流れからして、メインのグランプリが波乱に富んだものになるのは確実と思われた。

 だが、私たちは肩透かしを食った。

 それも含めて、アゼルバイジャンGPの週末における最大の教訓は、F1関係者の「予想」がいかにあてにならないかだ。

 プレシーズンテストの頃を思い出してほしい。バルセロナでは、誰がどう見てもフェラーリが圧倒的に速く、彼ら自身も興奮気味だったし、対するメルセデス陣営は思案顔だった。そして、評論家たちはひとり残らず、今年はついにメルセデスの連覇が終わるシーズンになるだろうと断言した。

 そうして迎えたシーズンの第4戦は、やはり2台のメルセデスによるワンツーで終わり、誰もが何やらバカにされたような気分を味わった。

 予選についても、同じようなことが言えた。最後のプラクティスセッションではフェラーリが楽々と最速タイムをマークし、彼らがポールポジションに最も近いクルマを手にしているのは明らかだった。ところが、シャルル・ルクレールはQ2でクラッシュを喫し、セバスチャン・ベッテルも最後の予選ラップでの位置取りが理想的ではなかったために、ポールはバルテリ・ボッタスにさらわれた。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号