F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ブリアトーレがフェラーリF1にもの申す。「彼らはメルセデスとの差を縮められない。技術面で迷走している」

2019年4月21日

 元ベネトンとルノーのチーム代表フラビオ・ブリアトーレがフェラーリの今季の体制に疑問を呈した。ブリアトーレに言わせれば、フェラーリは何年もの間、遅いF1マシンを作っている、というのが持論のようだ。


 フェラーリはスペイン・バルセロナで行われたプレシーズンテストでは、たしかに最高のマシンを持っていた。そしてシャルル・ルクレールはバーレーンGPをポールポジションからスタートし、エンジントラブルでマシンが失速しなければ、レースで優勝していたところだった。


 しかし、2019年最初の3戦では、メルセデスがワンツーフィニッシュを飾ることになった。


「フェラーリはどうしたというのだ?」とブリアトーレはイタリアのテレビ局のインタビューで語った。


「目新しいことではない。8年に渡ってマシンは遅いものになっている。昨年に比べて何も変わっていない。彼らはメルセデスとの差を縮められていないのだ。いつもの言い訳のレパートリーが、開幕戦ですでに始まっていた。メルセデスは引き続き優位に立つだろう」


 フェラーリはマッティア・ビノットをテクニカルディレクターにし、さらに2019年にはチーム代表に据えたことで間違いを犯したと、ブリアトーレは述べた。


「ビノットを就任させたことで、彼らは真に献身的なボスを持たないというリスクを冒しており、技術面では迷走している」とブリアトーレ。


 そのビノットは、フェラーリは最初の3戦のすべてのデータを分析すると述べた。


「すべてのデータを検討し、メルセデスに対して我々のパフォーマンスを向上させる必要がある」と今季からチーム代表となったビノット。


「競争は非常に激しいと考えている。100分の数秒や10分の1秒差で首位になったり、順位が後ろになったりするレースがあるのだ。より重要なのは、マシンの開発を持続することだ。なぜなら18戦が残っており、非常に長いレースになるからだ」

フラビオ・ブリアトーレ2018年
2018年のモナコGPに姿を見せたフラビオ・ブリアトーレ(左)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報