F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

カーティケヤン、いまだ08年の行き先は決まらず

2007年12月24日

 インド人ドライバー、ナレイン・カーティケヤンはまだF1チームへの復帰を狙っていると語っている。レースドライバーは無理でも、少なくともサードドライバーのチャンスは手に入れたいと語る。

 30歳のカーティケヤンは、2005年にジョーダンからレースドライバーとして1シーズンを送っている。その際にはF1初のインド出身のドライバーという事で話題になった。その後、2006年と2007年は、ウイリアムズでテストドライバーの任に就いていた。

 カーティケヤンは現在、インドを代表してA1グランプリに参戦。先日、中国のズーハイで行なわれたこの“国別対抗”シリーズで初勝利を収めている。この結果によって彼は、まだF1で十分仕事ができると自負している。

「僕はテストをしてきただけだったから、時間は充分あった。だからレースを続けるチャレンジが欲しかったんだ」カーティケヤンはそうロイターに語っている。
「今回のA1GPでの勝利は非常に重要だ。これで僕を批判した人たちを黙らせることができるからね。F1はまだ世界の終わりを迎えたわけではないし、僕にはまだ時間がある。F1でのドライバー人事はまだ終わっていない。まだ時間はある。意外と早く物事が決まるかもしれない。A1GPは僕にって後退ではなく、ちょっと脇へそれただけ。可能な限り懸命にレースをして、最善の結果を出せるようにトライしたい」

 カーティケヤンは、自分の年齢がF1でシートを得るための妨げになっているとは感じていない。だがルイス・ハミルトン、ヘイキ・コバライネン、そしてネルソン・ピケらのように、F1でチャンスを得ている多くのドライバーが若いことは確かである。

「33歳を超えてもF1で活躍しているドライバーはたくさんいるよ」とカーティケヤン。
「年齢を理由にするのは馬鹿馬鹿しいと思う。もっとも37とか38になれば話は別だけどね。年齢が妨げになっているなんてのは、人が勝手に言っているだけのことさ」

 ビジャイ・マリアがスパイカーF1チームを買収し、現在F1参戦チームの中にはインド人が所有するチームが存在する。同チームは多くのドライバーをテストしているが、カーティケヤンはその中に含まれていない。




レース

11/13(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/14(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/15(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号