F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「バトンは驚きの3位もほぼ完璧なルーキーに敗れる」:英誌全ドライバー採点バーレーンGP編

2016年4月9日

 英AUTOSPORTが2016年第2戦バーレーンGPを戦った全ドライバーを10点満点で評価した。ひとりに満点が与えられ、今回マクラーレン・ホンダでF1デビューを果たしたストフェル・バンドーンも非常に高く評価されている。

 この企画は英AUTOSPORTが数年前から行っているもので、各グランプリにおいてすべてのドライバーに関して主に予選と決勝のパフォーマンスを評価し、さまざまなソースから得た情報を加味して採点する。

 今回は満点がひとり、9点が5人と全体的に高めの点数が与えられた。

■満点+9点。殊勲のドライバーたち

 今回、満点がロマン・グロージャンに、9点がニコ・ロズベルグ、ダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペン、ストフェル・バンドーン、パスカル・ウェーレインにそれぞれ与えられた。

 ハースのグロージャンは9番グリッドから5位でフィニッシュ。新規チームで連続入賞を飾った。
「グロージャンは完璧な週末を送った。予選でトロロッソ2台に勝ったのは見事だった」と寸評には記されている。
「Q2でニコ・ヒュルケンベルグとあえて戦わずに敗退、それによって新品タイヤでレースをスタートすることができた」
「最後のピットストップには時間がかかったものの、グロージャンは戦略を最大限に活用してウイリアムズ2台とマックス・フェルスタッペンに勝った。素晴らしい仕事をした」

 メルセデスのロズベルグは2番グリッドから優勝を飾った。「ほぼ完ぺきなパフォーマンスを見せたが、ポールポジションを獲得できなかったことで1点減点」されている。

 レッドブルのリカルドは5番グリッドから4位獲得。彼はRB12の強みを生かし切り「今回もまた可能な最大限の結果を出した」が「唯一ターン1でルイス・ハミルトンと接触したことで減点」された。

 トロロッソのフェルスタッペンは10番グリッドから6位を獲得。「1周目にエステバン・グティエレスに抜かれたことだけがマイナスで、それ以外はいい走りをした」と評価された。

 マノーのウェーレインは16番グリッドから13位でフィニッシュ。「間違いなく予選のスター。16位はドライの予選においてはマノー史上ベストであり、ルノー勢とザウバー勢に勝った。(Q1で15位だった)レッドブルのダニール・クビアトとも0.247秒差だった」
「決勝中、タイヤのデグラデーションに苦しんだが、ザウバー勢やルノーのケビン・マグヌッセンとバトルを楽しんだ」





レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号