F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリ代表、ライコネンの走りに大興奮。「勝利逃した」悔しさも

2016年4月6日

 フェラーリのチーム代表、マウリツィオ・アリバベーネは、バーレーンGPでキミ・ライコネンがスタートを完璧に決めていたら、優勝をつかめたかもしれないと語った。


 セバスチャン・ベッテルは3番グリッド、ライコネンは4番グリッドについたものの、ベッテルはスタート前にエンジントラブルで戦列を離れた。残されたライコネンは、ニコ・ロズベルグに次ぐ2位表彰台を獲得した。


 ライコネンのスタートはあまりよくなく、ウイリアムズ2台とレッドブルのリカルドにかわされた。しかしいいペースで周回し続けたライコネンは順位を挽回し、スタート失敗後にバルテリ・ボッタスとの接触で大きく順位を落としたルイス・ハミルトンからポジションを守り切って2位を獲得した。


「キミはスタートで問題があり、それが大きく響いた。可能性の話だが、(スタートがうまく決まらなかったことで)彼は優勝のチャンスを失ったかもしれない」
「データを分析すれば簡単に分かる。私は一切事実を曲げたりしていない」


 アリバベーネはCrash.netに対し、スタートがうまくいかなかったのはライコネン自身のミスである可能性が高いと話している。
「(スタートで)パドルにかけた指が滑った可能性が一番高いと聞いている。彼自身が言ったことだ。起こり得ることであり、それが起こった。タイヤがスピンし、時間を失った」


 しかしその後のライコネンの走りは見事だったとアリバベーネは称賛した。
「キミの走りは見事だった。縁石外側を使ったリカルドに対するオーバーテイクを見て、昔のドライバーを思い出した。ドライバーたちが勇気を持って戦っていた時代だ。そういうシーンを見られるのはいいものだ」


「キミのパフォーマンスを見ると、この戦略ならセバスチャンは非常にいいレースができただろうと思う。我々の確信が常に正しいとは限らないが」


 ベッテルに起きたトラブルの原因はバルブかインジェクターの問題ではないかとアリバベーネは述べている。



(AUTOSPORTweb)




レース

11/13(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/14(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/15(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号