F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【決勝無線】限界を超えて、生まれ変わった“問題児”

2015年10月14日

 セルジオ・ペレスがロシアGPで、また株を上げた。タイヤをもたせて順位を上げる戦略は彼の十八番だが、堂々としたドライビングには磨きがかかっている。ザウバーからマクラーレン入りを果たしてもなお「ペイドライバー」という不名誉な称号につきまとわれていたが、ドライバーを育てるチームで生まれ変わった。ペレスとフォース・インディアの戦いぶりを無線交信から見てみよう。

・・・・・・・・・・

「チェコ、まだ3位を走っているが、この戦略を成功させるためには最大限のタイヤマネージメントが必要だ」

 レースが終盤に差しかかった42周目、レースエンジニアのティム・ライトがセルジオ・ペレスに無線で指示を送った。

 ペレスは12周目のセーフティカー導入時にタイヤ交換を行い、残り41周をソフトタイヤで最後まで走り切る策に出ていた。同じ戦略を採ったレッドブルのダニエル・リカルドよりも良いペースで走り、バルテリ・ボッタスとキミ・ライコネンがピットストップを終えて後方に回ると、レース終盤まで3位のポジションをキープしていた。

「これ以上できないくらい、やってるよ。どのタイヤが一番厳しい?」

 そう訴えるペレスに、ライトは「右フロントが一番厳しい」と最もマネージメントが必要な箇所を伝える。

「チェコ、この周のマネージメントは良かったよ」

 翌周にはテレメトリーデータを確認したライトがペレスにそう伝える。それでも、まだ残り10周ある。タイヤの摩耗は限界ギリギリだった。

 45周目、ようやくボッタスがリカルドを抜いて、ペレスの背後に迫ってきた。ボッタスに対してレースエンジニアのジョナサン・エドルズは「前のペレスはフロントタイヤに苦しんでいる。捕まえろ!」と、すかさず情報を与える。

 一方、ライトはペレスに情報を伝えながらも、安心させるように付け加えた。

「ボッタスがリカルドを抜いた。でも、それまでに17周もかかったぞ」





レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報