F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ヒュルケンベルグ、リザーブドライバー就任に否定的「F1復帰の機会がない状況を受け入れるのは意味がない」

2020年8月25日

 ニコ・ヒュルケンベルグは、シルバーストンで行われた2020年F1第4戦イギリスGPと第5戦70周年記念GPでセルジオ・ペレスの代役を喜んで引き受けたが、将来どこかのチームのリザーブドライバーの役目を受け入れることは無意味だと考えている。


 イギリスGPの開催直前、ペレスが新型コロナウイルスに感染したため隔離を行うことになり、レーシングポイントはペレスの代役としてヒュルケンベルグを起用した。


 ヒュルケンベルグは、イギリスGPではメカニカルトラブルが原因でにグリッドに並ぶことができなかった。しかし翌週の70周年記念GPの予選では3番手につけるパフォーマンスを見せ、その後のレースでは7位と堅調な走行をし、F1のシートを得るにふさわしいとすべての人に思わせるようなレースだった。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)&ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)
2020年F1第5戦70周年記念GP ルイス・ハミルトン(メルセデス)&ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)


 彼の走りは、2021年に向けてアルファロメオとハースの関心をかきたてたようだ。しかしチャンスが訪れるかどうかにかかわらず、ヒュルケンベルグは2021年にはレースをするか、まったくしないかのどちらかになると明言している。


「個人的には、自分がリザーブドライバーの役割につくとは思わない」とヒュルケンベルグは『Sport 1』のAvD Motorsport Magazinショーで語った。


「僕は10年間、レースでコクピットに乗り込みスタートラインについていた。だから一歩下がって、復帰できるチャンスがそれほどない状況を受け入れるのは僕にとって意味のないことだ。それは僕が進みたい道ではない」


 ヒュルケンベルグは、戦線に復帰する話はシルバーストンの前から絶え間なく持ちかけられていると語っている。


「僕は今年の始めから多くの人たちと話をしている。シルバーストンのことがあってもその状況は変わっていない。舞台裏では絶えず話が進行しているんだ」


「短期間の復帰の間は、正直なところ何も進まなかった。仕事に集中していたからね」


「重要なことは、チャンスが訪れたときに、とにかく優れたパフォーマンスをもたらすことにある。将来の計画はより大きなプロセスの一部なんだ」


 またヒュルケンベルグは今も頼もしい最高の代役ではあるが、彼は今シーズンにレースに出るための新たなチャンスを期待することはしないと認めている。


「今シーズンさらにレースに出られるとは期待していない。もちろんコロナ禍では常に何かが起き得るだろうが、僕はそれを期待していない」


「できる限り自分の体力を整えておくようにする。でも今はあのようなことが1週間おきに起きるとは思わない。僕は2021年の復帰に取り組んでいるんだ」

ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)
2020年F1第5戦70周年記念GP ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号