F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1代表ウォルフの残留を望む声「彼こそが成功を収めるための柱」

2020年8月26日

 メルセデスF1チームのテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソンは、チーム代表のトト・ウォルフが、この先何年にもわたってチームの指揮官であり続けることを望んでいる。


 メルセデスとの現契約は2020年末で切れるため、ウォルフは現在、来年以降の去就について検討している。ダイムラー会長であるオラ・ケレニウスとの話し合いは、メルセデスに残るという正しい方向で進みつつあると、ウォルフは最近明かした。


 しかしながらウォルフがチーム代表の地位を離れ、メルセデスでさらに上のポジションにつく可能性もある。そういう選択をすれば、ウォルフは、現在のように毎戦F1の現場を訪れる必要はなくなるかもしれない。


「オラとの関係がおそらくは最良の状態であることに満足している。我々は毎日のように話をしているし、私に、F1に残りたいと思わせるような要素もたくさんある」とウォルフはスペインGPの週末に語った。


「一方では(F1活動には)負担もあり、それが考慮すべき事柄となっている。ただし、今のところ、それはメルセデスとの関係を継続しない理由にはならない。どの役職につくかは、これから明らかにしていく」


 アリソンは、メルセデスを6年連続でのコンストラクターズおよびドライバーズタイトル獲得に導いたウォルフが、今後何年にもわたってチームをリードする役割を担っていくことを望んでいる。

ジェームス・アリソン(メルセデスF1のテクニカルディレクター)
メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソン

「現状、このチームでのトトの重要性を過小評価している者はひとりもいないと思う」とアリソンは『Channel 4』に語った。


「彼は長年に渡って安定感をもたらしてきている。さらに彼は、我々全員に対し、まぎれもなく最高レベルを基準とし、それを目指すという挑戦を与えてきた」


「その基準が下がるようなことは絶対になく、一方で、ユーモアや公平性、思いやりによってそれを成し遂げてきた。そうしたことが、働く場所であるチームを、これ以上なく楽しいものにしているのだ」


「チーム内においては彼は素晴らしいリーダーであり、同時に外部との関係においては、ときに恐ろしい場所にもなり得るF1から我々を守ってくれる」


「彼はこのチームが成功を収めるうえで最も重要な柱のひとつだと、私は思っている。これから先、何年にもわたって我々とともにいてくれることを願う」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号