F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説:挽回を図るべくF1第2戦に投入されたフェラーリの新型フロントウイング

2020年7月12日

 フェラーリは今週末のF1第2戦シュタイアーマルクGPに、改良型フロントウイングを持ち込んだ。本来なら第3戦ハンガリーGPで、本格的なアップデートを行う計画だった。しかし開幕戦オーストリアGPでは中団勢にすらかなわないSF1000の戦闘力低下が明らかになり、急きょその一部を投入したのだった。


 マッティア・ビノット代表はシーズン開幕後のアップデートについて、「特に空力面を根底から見直した、非常に大きなものになる」と語っていた。しかし今回の新フロントウイングを見る限り、その変更は残念ながらごく限られたもののようだ。


 確かに去年のレッドブルRB15がそうだったように、外見からは控えめな変更に見えても、それが大きな成果を上げることがある。しかしフェラーリは、やはり特別な存在である。われわれ報道関係者もファンたちも、もっと大きな変貌を期待していたのだ。

F1第2戦シュタイアーマルクGP フェラーリF1のフロントウイング 新型(上)/旧型(下)
F1第2戦シュタイアーマルクGP フェラーリF1のフロントウイング 新型(上)/旧型(下)


F1第2戦シュタイアーマルクGP フェラーリF1のフロントウイング 新型(右)/旧型(左)
F1第2戦シュタイアーマルクGP フェラーリF1のフロントウイング 新型(右)/旧型(左)


 新仕様のフロントウイングは、上方気流をマシン外側に逃がす『アウトウォッシュ』のコンセプト自体は変わっていない。以前と同じようにフラップが、翼端板方向に向かって落ちて行く形状だ。ただしその傾斜は、より急角度になっている(緑色の縁取りと青矢印参照)。


 一方で翼端板外側に付くフットプレートは、前端が大きく丸みを帯びた(黄色矢印参照)。フェラーリは去年のSF90で前端が平らなフットプレートを導入したが、実はそれ以前は丸い形状だった。つまり当初の仕様に、戻しただけともいえるのである。


 本来なら新形状のフロアを導入して、その時点で初めて空力パッケージのアップデートが完成するはず。それは次戦ハンガリーGPまで、待たないといけないようだ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ:Kunio Shibata)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号