F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、不振から一転、大差のポール「問題は調査済み。自信を持ってプッシュできた」メルセデス【F1第2戦予選】

2020年7月12日

 2020年F1シュタイアーマルクGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンはポールポジションを獲得した。


 ウエットコンディションの予選で、ハミルトンはQ1では1分18秒188でトップ、Q2では1分17秒825でトップ、Q3では1分19秒273をマーク、全セッションで最速だった。予選2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)には1.216秒という大差をつけた。


 金曜はマシンに苦しみ、FP2では6番手に沈んだハミルトンだが、チームが詳細なチェックを行った結果、心配することなく予選に臨むことができたということだ。

2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP予選トップ3会見 ルイス・ハミルトン(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)
2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP予選トップ3会見 ルイス・ハミルトン(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ルイス・ハミルトン 予選=1番手
(悪天候により延期の話が出ていたが)今日、予選ができたことをありがたく思っている。こういった日が大好きなんだ。誰にとっても今日の天候はとてもやっかいで困難なものだった。ほとんどの時間帯、自分がどこに向かっているのかも分からないような状態だった。


 最後から2番目のラップ、ひどいアクアプレーニングが起きて、口から心臓が飛び出しそうになった。でも、最後のラップはスムーズにうまく走ることができ、タイムを更新することができた。


 昨日は苦労したけれど、チームが問題の原因を調査してくれた。だから、今日は問題ないと確信して走ることができたんだ。たとえドライコンディションだったとしても心配はなかった。


 もちろんいつもポールポジションからレースをスタートしたいと思っているから、今日、トラブルのない予選を過ごすことができてうれしい。僕自身も全くミスをしなかった。ポジティブな予選だったから、明日が楽しみだよ。


(FIA記者会見で語り)昨日のFP2では深刻な状況だったけれど、夜の間に問題を探り出した。たいしたことではなかったよ。チームの皆がダブルチェックをして、データを見て、問題の原因と考えられるものを理解するために、細かいところまで確認してくれた。



(autosport web)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※70周年記念GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン107
2位マックス・フェルスタッペン77
3位バルテリ・ボッタス73
4位シャルル・ルクレール45
5位ランド・ノリス38
6位アレクサンダー・アルボン36
7位ランド・ノリス28
8位セルジオ・ペレス22
9位ダニエル・リカルド20
10位エステバン・オコン16

チームランキング

※70周年記念GP終了時点
1位メルセデス180
2位レッドブル・ホンダ113
3位フェラーリ55
4位マクラーレン53
5位レーシングポイント41
6位ルノー36
7位アルファタウリ・ホンダ14
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号