F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【気になる一言】ベッテル加入の可能性を問われたレーシングポイントF1代表「彼の居場所はウチにはない」

2020年7月12日

 第2戦シュタイアーマルクGPの金曜日のFIA会見は、開幕戦に登場していなかった4人のチーム代表に、ホンダの田辺豊治(F1テクニカルディレクター)、ピレリのマリオ・イゾラ(ヘッド・オブ・カーレーシング)を加えた6人を3人ずつの2グループに分けて、行われた。


 その2グループ目として登場してきたレーシングポイントのチーム代表、オットマー・サフナウアーにはこんな質問が投げられた。


「あなたのチームはチェコ(セルジオ・ペレスの愛称)と2022年末までの契約があり、ランス(・ストロール)とも長期間の契約があります。それは、現時点ではあなたのチームにはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が21年にレースするためのシートの余裕はないということですか?」


 この質問の背景には、7月8日にルノーがフェルナンド・アロンソとの契約を発表したことが関係している。フェラーリから事実上、三行半を突きつけられて2020年いっぱいで離脱するセバスチャン・ベッテルには、残るトップチームへの移籍も噂されたが、開幕戦で力強い走りを披露したバルテリ・ボッタスに対して、メルセデスの首脳陣は満足しており、ラインアップは継続される方向だ。


 さらに古巣レッドブルもクリスチャン・ホーナー代表がベッテル獲得を否定。木曜日にはマックス・フェルスタッペンが「アレックス(アルボンの愛称)は速いし、フィードバックも的確だから、変更する必要はない」と語っていた。

マックス・フェルマックス・フェルスタッペン&アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)スタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP マックス・フェルスタッペン&アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)


 すでにマクラーレンはカルロス・サインツJr.が抜けた穴にダニエル・リカルド(現ルノー)を採用したため、このトップ4チーム以外で21年にベッテルが現役を続けるために残った選択肢は、ルノーかレーシングポイントだけとなり、そのうちのひとつであるルノーも埋まってしまったからだった。


 この質問を聞いたサフナウアーは「4度もワールドチャンピオンに輝いたドライバーがウチに来るなんで、お世辞でしょう。もしかしたら、我々がそれだけ速くなったからかな」と笑った後、こう続けた。


「そうだね、あなたが言う通り、我々は今いる2人のドライバーと長期間の契約がある。つまり、論理的にはウチのチームには居場所はない」


 サフナウアーの発言によって、10チーム中6チームが事実上ベッテルとは21年の契約は結ばないこととなり、残るは4チームだけとなった。果たして、4度のタイトルを獲得したチャンピオンが今後、どのような選択を行うのか。

2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP金曜会見 
2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP金曜会見 左からオットマー・サフナウアー(レーシングポイント チーム代表)、マリオ・イゾラ(ピレリ ヘッド・オブ・カーレーシング)、クレア・ウイリアムズ(ウイリアムズ 副チーム代表)



(Masahiro Owari)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号