F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルノーF1代表、アロンソは候補と認めるも決断急がず「正しい選択のために時間をかけることが重要」

2020年6月1日

 ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、2021年シーズンに向けて、フェルナンド・アロンソはドライバーの候補者リストに載っているが、ラインアップを決定するのに時間をかけるつもりだと語った。


 2020年シーズンを最後にダニエル・リカルドはルノーを離れ、マクラーレンに移籍することが決まった。これにより、ルノーのシートには空席ができた。


 リカルドの移籍が発表されると、後任ドライバーの候補としてすぐにアロンソの名前が上がった。関係者たちは、アロンソが2005年と2006年にF1チャンピオンに輝いた古巣へ復帰すると推測している。


 アビテブールはその仮説に信ぴょう性を与えたが、2021年にエステバン・オコンとペアを組むことになるかもしれない他のドライバーにも注目している。


「来年に向けて素晴らしいドライバーたちを起用できる状況なのだから、(リカルドの後任になる)ドライバーは大勢いるだろう」とフランスのラジオ局『RMC』のインタビューに応じたアビテブールは話した。


「あなた方が言及しているドライバーのひとり、フェルナンド・アロンソは選択肢だが、(候補のドライバーは)他にもいる」


「私に言えるのは、我々はそのことを考えるのに時間をかけるつもりだということだけだ。これは極めて重要な決断だ。理由がなんであれ、フェラーリやマクラーレンが見せた積極的な関与に倣いたくなかった」


 またアビテブールは、2020年のレースが開催される前にフェラーリとマクラーレンが2021年のラインアップを決めようとしたことに困惑したと認めた。


「正直なところ、今シーズンが開幕する前だというのにドライバーを選択するなんて……少しおかしいと我々は思った」


「このドライバー選択は、チーム再建というパズルにおける最後のピースだ。それゆえ、正しい選択をするために時間をかけることが重要だ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP