F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウイリアムズF1、タイトルスポンサー契約打ち切りに伴い、新マシンカラーリングを発表へ

2020年5月30日

 ウイリアムズF1チームの副代表クレア・ウイリアムズは、タイトルパートナーであるROKiTとの契約解消に伴い、2020年型マシンFW43のカラーリングを変更することを認めた。


 5月29日、ウイリアムズ・グランプリ・ホールディングスは、2019年に1300万ポンドの損失を出したことを発表。会社の存続のための新たな戦略の一環として、株式の一部あるいはすべての売却を検討、正式な売却プロセスを開始することを明らかにした。収入減少の大きな原因のひとつは、F1チームが正式不振に陥り、プライズマネーが減少したことであるという。ウイリアムズはさらに、タイトルスポンサーであるROKiTおよびROKドリンクスとの契約を終了することも発表した。


 携帯電話およびWiFiサービスに関する事業を手がけるROKiT社は、2019年にチームのタイトルスポンサーとなり、2023年末までの契約を結んでいた。ウイリアムズの車体にはホワイトとブルーにRokitのコーポレートカラーであるレッドがあしらわれ、2020年にはレッドの面積が増えていた。しかし、契約終了により、当然のことながら、カラーリングは変更されることになる。


 チーム副代表のクレア・ウイリアムズは、「レースはうまくいけば7月に再開されると思いますが、それに向けて当然のことながら、カラーリングについての検討を行う必要があります」と述べた。
「新しいカラーリングは、サーキットで走り出す前に発表するつもりです」

2020年F1第2回バルセロナテスト1日目 ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 ウイリアムズ副代表は、契約終了の理由については明かさなかったものの、チーム側に契約不履行は一切なかったと断言している。


「詳細について述べることはできません。私に言えるのは、私たちはROKiTへの契約上の義務をすべて果たしたということです」


 ウイリアムズ副代表は、新たに契約したスポーツおよびエンターテインメントエージェンシー『1920 Worldwide』の協力を得て、いずれ新たなタイトルスポンサーを見つけることができると確信している。


「私たちは素晴らしい形でパートナー探しを行っています。ウイリアムズのパートナーの多くが、長期的にチームにかかわっています」


「この3カ月間、商業的な課題に関して完全に新しいプロセスを導入しました。新しいエージェントとともに取り組み、ウイリアムズを市場に出す方法を見直してきました。この取り組みには大きな自信を持っています」


「ウイリアムズはこのスポーツに、そして私たちのチームに、新しいパートナーを参入させてきました。今後もこの取り組みをうまく続けていけると確信しています」


「(ウイリアムズは)素晴らしいブランドであり、素晴らしいチームです。これからもエキサイティングな旅路を歩んでいきます」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP