F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:バジェットキャップ導入を見据えフェラーリとメルセデスがWEC参戦計画

2020.05.01

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・


 フェラーリとメルセデスは、すでにWEC世界耐久選手権の新たなトップカテゴリーとなるハイパーカークラスへの参戦計画を進めている。これによって、予算上限が大きく抑えられる2021年のバジェットキャップ制度導入以降も、現在F1チームで働く全スタッフの雇用を保証できるからだという。

 メルセデスにとって、これはイギリスにいる1000名を超えるスタッフの雇用を守るというチームの原則に関わる問題だ。一方でフェラーリとしては、費用負担が大きく膨れ上がる事態を避けたいという思惑もある。イタリアの労働法に従えば、従業員を解雇した場合の補償金がイギリスのそれと比べて4倍になるという事情があるためだ。ふたつのチームがともにWECに参戦すれば、トヨタは2022年シーズン開始直後から、かなり厳しい戦いを強いられることになるだろう。



※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号