F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:元F1最高権力者のエクレストン「私なら2020年の世界選手権は中止にして2021年の準備をする」

2020.03.31

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・


 元F1最高権威者のバーニー・エクレストンは、グランプリ開催延期による人々の空しい気持ちや、フォーミュラ・ワン・グループによる最近の情報発信不足に言及することによって、イギリスのメディアで存在感を発揮している。

 自分の後任者たちが行ったF1オーストラリアGPの中止決定作業を失敗と断じたエクレストンは、「2020年シーズンをいつから始めるかといった議論は無意味だ」と語ったうえで、さらに以下のように続けた。

「もし私が今も指揮を執っていたならば、2020年の世界選手権は中止にして、素晴らしい2021年シーズンを実現すべく、もう準備を始めているはずだ」

 しかし結局、エクレストンは現在拠点を置くブラジルでの農場暮らしに退屈しているのだと認めて、「朝の主な仕事はニワトリの卵を集めるくらい」と語り、さらに「(妻の)ファビアナがバックギャモン(2人で遊ぶボードゲームの一種)を覚えてくれたらもう少し楽しい生活が送れるだろうが、彼女はあまり良い生徒ではないのだ!」とも説明した。

 あらゆる取引から収益を得るエクレストンにとって、バックギャモンは大切なふたつ目の収入源だ。グランプリのレースウイーク中には多くの夜を、ジェームス・ハント、当時マクラーレン代表だったテディ・メイヤー、友人でジャーナリストのロジャー・ブノワといった人たちとバックギャモンをやって過ごした。もちろん金を稼ぐためだった。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

12/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号