F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム プレシーズンテスト総括:チャンピオンシップを戦う上で必須となるPUの信頼性を確保

2020年3月10日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レッドブル、トロロッソの走りを批評します。第1回、第2回バルセロナテスト後の調子を甘口の視点でジャッジ。

---------------------------

 今年はシーズン史上最多の全22戦で争われるため(第4戦中国GPは新型コロナウイルスの影響で延期)、プレシーズンテストは昨年までの8日間から6日間と2日間短縮された。つまり、一日のテストが持つ重要性が例年以上に高まった。そのため、今年はどのチームもプレシーズンが開始される前に、レギュレーションで許された撮影日を利用して、それぞれシェイクダウン走行を行い、初期のシステムチェックを済ませてから、プレシーズンテストを開始させていた。

 1回目のテスト2日目のランチタイム時に、ホンダはアレクサンダー・アルボンのパワーユニット(PU/エンジン)を交換した。だが、これはパワーユニットそのものにトラブルが発生したわけではなく、HRD Sakura(栃木県さくら市にあるホンダ技術研究所)のベンチテストでパワーユニットに関する懸念点が発生し、それを確認するために、一旦パワーユニットを車体から切り離さなければならなかったからだ。

 ランチタイムは1時間しかない。午後のテストプログラムを優先するため、ホンダは切り離したパワーユニットの確認を行う前に、別のパワーユニットに交換することを決断した。

 結果的に、その懸念は杞憂に終わり、3日目から再び元のパワーユニットに載せ換えて、テストを継続した。こうして、ホンダは6日間のテストでコース上でマシンを止めるような大きなトラブルをパワーユニットに起こすことなく、終了させた。





レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP