F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハースF1代表「アップデートが機能していないという自信が持てなかった」と後悔も2020年の復活に自信

2020年1月27日

 ハースF1チームのチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2019年シーズンの開幕前に行われたテストの際、2019年型マシン『VF-19』の速さに不意を突かれ、早急にマシンの欠点を認めるのに十分な勇気を持てなかったという。


 2019年はマシンの空力やタイヤに関する問題に足を引っ張られ、ハースは苦戦した。シーズン中は複数回にわたってアップグレードを投入したものの、問題を解決できたのは第19戦アメリカGP後。2018年はコンストラクターズランキング5位だったのが、2019年は9位まで落ちてしまった。


 シュタイナーは、VF-19の抱えていた問題を最初から、もっといえば序盤の4戦でわずか8ポイントしか獲得できず、第5戦スペインGPで最初のアップグレードを投入した時点で問題をはっきりさせておくべきだったと認めた。


「バルセロナでアップデートを投入したとき、ドライバーたちは進歩があったのかどうか、確信できなかった。だがマシンは速かったので、誰もそれ(アップデート)が機能していないという自信を持てなかったのだ」とシュタイナーは『Formula1.com』に語った。


「データを見ても悪いようには見えなかったが速さはあったので、我々はそれをポジティブなことだと信じていた。しかし、それが間違っていた」


「我々のマシンは(バルセロナで)よく機能していた。だが最終的に状況を見てみれば、我々は間違った方向に進んでおり手遅れだった」


「もしバルセロナでもっと勇気を持てていたら、我々は今のような立場にはいなかっただろう」

2019年F1第18戦メキシコGP ギュンター・シュタイナー代表&小松礼雄チーフレースエンジニア
ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表(左)と小松礼雄チーフレースエンジニア(右)


 2020年はレギュレーションが変わらないので、今年のマシンは大部分が2019年型マシンを進化させたものになる。しかしVF-19の根本的な欠陥を理解しているハースは、2020年シーズンは体制を立て直すためにも正しい方向性のアプローチをしたいと望んでいる。


「2020年は、2018年のレベルか、少なくともそれに非常に近いパフォーマンスレベルにまで戻ることができるだろうと自信を持っている」


「しかし他のチームも作業を行っているので、我々がどのレベルにいるのかはもちろんわからない。だが我々は従来通りに進み始めており、そのおかげで我々にはそれができるという自信を持つことができる」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報