F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム ベルギー&イタリアGP編:様々な理由で真価を発揮できなかったスペック4。信頼性の面ではライバルから一歩リード

2019年9月17日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のレッドブル、トロロッソのコース内外の活躍を批評します。F1第13戦ベルギーGP、第14戦イタリアGPを甘口の視点でジャッジ。

-------------------------

 夏休み明け初戦のベルギーGPと2戦目のイタリアGPは、全21戦中、最もパワー感度が高い連戦である。つまり、パワーユニット(PU/エンジン)の性能がパフォーマンスに大きな影響を与えるグランプリとなる。そのため、全チーム、全ドライバーがこの2連戦に新しいパワーユニットを使用した。

 ホンダもパワーユニットを供給するレッドブルとトロロッソにそれぞれ最新スペックとなる「スペック4」を投入した。ベルギーGPではトロロッソからレッドブルに移籍したばかりのアレクサンダー・アルボンと、トロロッソのダニール・クビアトがスペック4を使用。クビアトは金曜日から3日間使用したが、アルボンは戦略的な理由から金曜日だけの使用にとどめた。

 イタリアGPではレッドブルのマックス・フェルスタッペンとベルギーGPからトロロッソに復帰したピエール・ガスリーがスペック4を使用し、ベルギーGPから使用を開始していたふたりとともに、4人全員がスペック4で週末を戦い抜いた。

 気になるスペック4の性能は、残念ながら、正確な評価を下すまでには至らなかった。その理由はベルギーGPの予選でスペック4を使用したクビアト、イタリアGPでスペック4を投入したフェルスタッペンとガスリーは、グリッドペナルティが決まっていたため、真剣なアタックをする必要がなかったからだ。

 イタリアGPでペナルティを受けることなくスペック4を予選で使用したアルボンとクビアトは、ともに渋滞や赤旗に引っかかり、クビアトはQ2で敗退。Q3に進出したアルボンは一度も計測ラップを完了できないまま、ノータイムに終わった。

 しかし、アルボンがイタリアGPのQ2で記録した自己ベストタイムとなった1分20秒021は、昨年フェルスタッペンがQ3で記録したレッドブル・ルノーでの最速タイムである1分20秒615よりコンマ6秒速かった。またポールポジションとの差も、昨年は約1.5秒あったのが、今年はアルボンのQ2のタイムでも0.7秒と縮まっている。





レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報