F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル「苦戦が確実なサーキットのトップ3だったが、驚くほどペースが良かった」:ウイリアムズ F1イタリアGP日曜

2019年9月10日

 2019年F1第14戦イタリアGP決勝でウイリアムズのジョージ・ラッセルは14位、ロバート・クビサは17位だった。


■ロキット・ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=14位

 ペースは驚くほど良かった。僕らのストレートでのスピードから言って、モンツァは苦戦が確実なサーキットのトップ3に入る場所だったにもかかわらずだ。


 多少なりとも、成果をあげることができたのは間違いない。これはセットアップ、タイヤの使い方、そして自分たちでコントロールできるあらゆる部分で、僕らがいい仕事をしたという証拠だ。大いによろこんでいい結果だと思う。


■ロバート・クビサ 決勝=17位

2019年F1第14戦イタリアGP ロバート・クビサとキミ・ライコネンのバトル
2019年F1第14戦イタリアGP ロバート・クビサとキミ・ライコネンのバトル


 厳しかったね。全体として、良かったり悪かったりの週末だった。レース序盤は概していい感じだったが、その後、コーナーで左フロントタイヤのグリップ低下に苦しんだ。何度かバトルもあり、ポジションを守ろうとできる限りのことはしたよ。


 だが、他のクルマのスリップストリーム(トゥ)を使える位置にとどまれなくて苦戦した。ともあれ、自分としてはベストを尽くし、結果はいつもどおりだった。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation : Kenji Mizugaki)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報