F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

元レッドブルF1のリカルド「ガスリーに何が起きたのか分からない」フェルスタッペンとの大差に驚く

2019年8月17日

 ダニエル・リカルドが、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーのパフォーマンス差が予想以上に大きくて驚いたと語った。


 リカルドが2019年にルノーに移籍することを決めたため、レッドブルは後任としてトロロッソで走っていたガスリーを昇格させた。大きな期待を担っていたガスリーだが、チームメイトのフェルスタッペンとのタイム差は大きく、シーズン前半12戦のなかでフェルスタッペンが2勝を挙げたのに対しガスリーの最高位は4位と、リザルトにも大きな違いが出た。ふたりのポイント差は118点まで拡大し、コンストラクターズ選手権2位をかけてフェラーリと争いたいレッドブルは、サマーブレイクに入った直後、ガスリーのトロロッソ降格とアレクサンダー・アルボンの起用を発表した。


 このニュースが流れる前に、リカルドは今シーズン前半のフェルスタッペンとガスリーの差に驚いたとコメントしていた。リカルドは2016年スペインGPから2018年末までフェルスタッペンとペアを組んでいたため、フェルスタッペンの強さは十分理解しているが、それにしてもガスリーがここまで苦しむとは予想していなかったという。

2018年F1日本GPでのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2018年F1日本GPでのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン(レッドブル)

「彼(ガスリー)にとっては厳しい状況だが、これが現実だ。マックスとの差はとても大きい」とリカルドはMotorsport Weekに対して語った。


「ピエールに何が起きているのか分からない。去年はトロロッソでいい成績を上げていた。レッドブルより明らかに劣ったマシンでね」


「僕はマックスと同じチームで走ったことがあるから、彼の強さを知っている。だから、ピエールがすぐにマックスを倒すようなことはないと思っていた。マックスの方が強いことに驚きはない。ただ、ふたりのギャップの大きさには驚いている」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報