F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1ハンガリーGPの焦点】ハンガロリンクを“抜けるコース”に変えたメルセデス。王者の強さの前に、完敗フェルスタッペンに後悔なし

2019年8月6日

 土曜日はマックス・フェルスタッペンの初ポールポジション獲得、日曜日は迫力の優勝争いがハンガロリンクの陽気な観客を魅了した。オレンジ色に身を包んだファンも、ユニオンジャックを纏ったファンも、心からの拍手で自分たちのヒーローを讃える──そんなハンガリーGPだった。

 ポールポジションからクリーンなスタートを切ったフェルスタッペンは、首位を維持する守りのレース。攻撃的な作戦を得意とするレッドブルも、今回はセオリー通りにレースを進める立場にあった。

 対するルイス・ハミルトンはチャレンジャーの立場。ホッケンハイムでの体調不良やウエットレースでのミスを払拭するためにも、予選3番手のポジションをキープするだけでは足りない。スタート直後のチャンスを狙った彼は、ターン1のブレーキングでバルテリ・ボッタスが右フロントをロックしたのを見逃さず、即座にターン2に向かってチームメイトのアウト側に並んだ。

 イン側でコース幅が使えなくなったボッタスは、今度は左フロントをロック。アウト側のラインで車速を維持したハミルトンがターン3で前に出た。かすかに、ボッタスの右フロントウイングにタッチしながら──。

XPB Images

 勢いを失ったボッタスには、さらに悪夢が重なる。ターン4に向かう際、シャルル・ルクレールが攻撃的な動きでメルセデスの右フロントに接触。ここで本物のダメージを負ったボッタスは5周目にピットに入ってノーズを交換、ハードタイヤに履き替えた。

 首位フェルスタッペンのチームメイト、ピエール・ガスリーはスタートで出遅れ、カルロス・サインツJr.を先頭にしたDRSトレインに呑まれてしまった。ボッタスはピットインで最後尾まで後退──チームメイトを利用した立体的な作戦は望めない、1対1の構図がここで明確になった。さらに、週末を通してグリップ不足を訴えてきたフェラーリの2台は10周を走行した時点ですでにトップから10秒遅れ。1ストップ作戦のピットウィンドウがオープンになる前に、フェルスタッペンは3番手ルクレールに対して20秒のリードを築いていた。

 フェルスタッペンにとってもハミルトンにとっても、戦う相手はただひとりになった。オーバーテイクの難しいコース特性を考えると、ポジション的にはフェルスタッペンが有利だ。しかしペース的には、安定して2秒の間隔を維持して走るハミルトンに余裕があり、第1スティント後半にはその間隔が1秒まで短縮された。

 メルセデスにDRSを使わせるわけにはいかない──。「グリップを失っている」というフェルスタッペンの訴えを聞き入れて、レッドブルは25周目にハードへのタイヤ交換を遂行した。対するハミルトンのタイヤは健康で、メルセデスはその後6周ステイアウト。





レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報