F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1ハンガリーGPの焦点】ハンガロリンクを“抜けるコース”に変えたメルセデス。王者の強さの前に、完敗フェルスタッペンに後悔なし

2019年8月6日

 振り返ってみれば、この、第1スティントの攻防がレースの流れを示唆していた。予選では敗北したものの、レースペースではメルセデスが本領を発揮してレッドブルを上回っていた。1秒の間隔まで迫ったハミルトンが、レッドブルに早い段階でのピットインを促したのだ。

 金曜日の雨でロングランが行えていないなか、ハミルトンは70周レースの31周をミディアムで走行。1ストップ作戦に十分なタイミングでハードに履き替えた。

「ハードでのマックスのペースは、特に速いとは感じなかった。たぶん、ゴールまで走るためにタイヤを労わっているのかな、と。でも僕の方はすごくグリップを感じていたし、このタイヤのままでゴールまで走り切れるという自信があった」

XPB Images

 タイヤ交換を終えた時点で5秒あった首位との間隔を、ハミルトンはわずか3周で1秒以内まで縮めた。レッドブルでは“ルイスはタイヤがフレッシュな間に攻撃してくるつもりだ”と解釈した。その時点ではフェルスタッペンのタイヤもまだ性能を保っていたが、レッドブルがクリッピングポイントから離れてしまうのに対して、メルセデスは難なくイン側のラインをつかみ、コンパクトにコーナーをクリアする。

 ハミルトンが攻撃に出たのは39周目。ターン1からレッドブルに仕掛けたメルセデスはターン2、3と繊細な駆け引きを繰り広げ、ターン4に向かってアウトに並び、高速のブラインドコーナーでオーバーテイクを仕掛けた。しかし、ここではハミルトンがランオフエリアにオーバーラン。フェルスタッペンが最初の攻撃を凌いだ。

 しかしハミルトンとて、楽に戦っていたわけではなかった。週末を通して抱えていたのはブレーキの温度とグレイニングの問題。第1スティントから、チームは「プッシュしろ」と言いつつ、同時に「ブレーキに気をつけて」と指示を繰り返していた。39周目の後、ハミルトンがいったん1秒以上の間隔を開けたのも、ブレーキを休ませるためだった。

「1周のうち半分はブレーキペダルにも触らないで走って、リフト&コーストを繰り返していた。もちろん、大きなブレーキングではそれがハンデになった」と、ハミルトンは振り返った。

 しかしそうやってブレーキの問題が悪化するのを食い止めると、ハミルトンは再びフェルスタッペンの真後ろに迫った。ボッタスが2度目のピットに入った頃、チームはハミルトンに「ギャップを詰めて」と指示を出す──。それはオーバーテイクのためではなく、レッドブルにリアクションの余地を与えないための指示だった。48周目、メルセデスはハミルトンを2度目のピットに呼び入れ、ハードからミディアムへとタイヤを交換した。





レース

3/13(金) フリー走行1回目 10:00〜11:30
フリー走行2回目 14:00〜15:30
3/14(土) フリー走行3回目 12:00〜13:00
予選 15:00〜
3/15(日) 決勝 14:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP(中止) 3/15
第2戦バーレーンGP(延期) 3/22
第3戦ベトナムGP(延期) 4/5
第4戦中国GP(延期) 4/19
第5戦オランダGP(延期) 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報