F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ボッタス、問題発生も初日最速「セットアップは順調だが、明日トップを維持できる保証はない」メルセデス F1イギリスGP

2019年7月13日

 2019年F1イギリスGPの金曜、メルセデスのバルテリ・ボッタスはフリー走行1=2番手/2=1番手だった。


 FP1でボッタスは29周を走行し、ソフトタイヤで1分27秒629を記録、FP2では25周を走り、この日全体の最速タイムである1分26秒732をソフトで出している。


 ボッタスはFP2後半、一時ガレージで足止めされていた。Sky Sportsによると、メルセデスはガスリー車のスパークプラグを交換したが、安全策を取っての行動だったということだ。


■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス フリー走行1=2番手/2=1番手
 いい一日だった。自分自身のパフォーマンスに関しても、マシンのセットアップに関しても、走り始めから好調だったんだ。週末をこういう形でスタートできるといい気分だよ。


 路面は昨年よりバンピーではなくなった。主催者はアスファルトに関していい仕事をしてくれたと思う。おかげで走っていてすごく楽しかった。新しい路面はかなりグリップがある。ただ、時たま新しいターマック上で突然グリップを失うこともあるね。


 マシンバランスはかなりいい状態だと思うが、改善の余地はまだあると思う。シルバーストンにはたくさんのコーナーがあるから、僕らのマシンがコーナーで速いのはいいことだ。


 明日は再び接戦になると思う。今夜から明日の予選までの間に誰がパフォーマンスを大きく向上させることができるかによって、状況が変わってくるだろう。とはいえ、ポジティブな形で週末をスタートさせることができて良かったよ。



(autosport web)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号