F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「ブラジルGPのリオ開催は99パーセント確実」と大統領が発言も、サンパウロは維持に奮闘

2019年6月27日

 ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領は、2021年からリオデジャネイロでF1ブラジルGPを開催する計画を支持すると、繰り返し述べている。


 ボルソナロ大統領はF1のCEOを務めるチェイス・キャリーと、リオデジャネイロ州知事ウィルソン・ウィッツェルと会談。後に行われた記者会見でボルソナロは、インテルラゴスとF1の契約が2020年に終了した暁には、ブラジルGPの会場変更を強く希望していることを明らかにした。


「誰もサンパウロからF1を取り上げようとはしていない。レースはブラジルに留まる。重要なのはそこだ」とボルソナロ大統領は『Reuters』に語った。


 リオデジャネイロの計画には、市郊外に専用サーキットを建設することも含まれており、サンパウロのインテルラゴス・サーキットの収容人数6万人に比べ、13万人のファンを収容できるようになるという。


 リオデジャネイロの民間施設に向けた資金は確保されていると見られており、9月に建設が始まるという。意欲的なボルソナロ大統領は、2021年のブラジルGPがリオデジャネイロで開催される可能性は「99パーセント」であると語っている。


 キャリーはブラジルGPの将来について明言していないが、F1は会場がファンに最高のショーを提供し、地元経済に影響を与えることを望んでいると主張している。


「2021年に向け、誰にとっても最高の機会を模索することに専念している」とキャリーは語った。


「すべてのレースがスーパーボウルのようになるようにと考えている。我々のレースイベントの開催によって、都市全体と地域の心象が魅力的なものになることを望んでおり、また世界の想像をかき立てるような観光都市で開催したいと考えている」


 ブラジル滞在中に、キャリーはサンパウロ州知事ジョアン・ドリアとも面会予定だが、ドリアはブラジルGPをインテルラゴスに残そうと奮闘している。


 ブラジル最大の都市であるサンパウロでF1開催を継続することは、「個人的な野望などではなく、経済的な問題だ」とドリアは語っている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報