F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

3分で読むF1ココだけの話:フェラーリのモナコGPは遺恨を残す結果に。ルクレールのマネージャーはレッドブルと接触

2019年6月3日

 母国グランプリとなったF1第6戦モナコGPを終えたシャルル・ルクレールと所属するフェラーリの間に、すきま風が吹いている。

 事の発端は、予選Q1でルクレールが敗退したことだった。Q1のアタックで1セット目のタイヤをロックさせたルクレールは、フラットスポットができたタイヤを交換するためにピットイン。この際、FIAから重量計測に呼ばれたが通過してしまい、メカニックたちに車検室前までマシンを押し戻されるなど、慌ただしい時間を過ごした。

 車重計測の後、一旦ガレージに戻された時点ではトップ10内にいたルクレールだが、ライバル勢がタイムアタックを行うごとに路面状況が改善し、ルクレールはトップ10から脱落。ここでルクレールはチームにピットに留まるかどうかを確認すると、フェラーリは明確な回答を出せず、最終的にルクレールは16番手となってQ1で敗退してしまった。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報