F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリCEO、ルクレールの予選Q1落ちを公に謝罪「チームのミスだった。二度と繰り返さないことが肝心」

2019年5月31日

 先週末のF1第6戦モナコGPにおいて、フェラーリのシャルル・ルクレールが予選Q1で敗退したことについて、フェラーリのCEOを務めるルイス・カミッレーリ氏は、これはチームのミスであったとルクレールに対して公に謝罪した。


 母国グランプリを迎えたルクレールが優勝を挙げるか、あるいは表彰台を獲得するかという希望は、予選におけるフェラーリのミスによって打ち砕かれた。


 予選Q1の終盤、多くのドライバーがタイムを更新するなかでフェラーリは計算を誤り、ルクレールはQ2に進むことができなかった。


 この結果に腹を立てていたルクレールは、予選後に「この結果は受け入れがたい。説明が必要だ」と話していた。


 ルクレールは決勝レースを15番手からスタートしたものの、最終的にはターン18(ラスカス)でのニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)との接触によるダメージが原因で、リタイアとなった。


「全体的に厳しい週末だった」とルクレールはレース後に語った。


「パフォーマンスはあったと思うけれど、残念ながら結果には繋がらなかった」


「2017年のFIA-F2では、レース1でもレース2でもトラブルやインシデントがあったし、2018年も(ブレンドン・ハートレーとの)クラッシュがあった。そして今年もストップだ。残念だよ」


「15番手というのは僕たちのスタートポジションではないし、とてもがっかりしている。リスクを負わなければならないとわかっていたけれど、残念ながらラスカスでの接触でレースが終わった。でもその前までは、何度かオーバーテイクもできて楽しいレースだった」


 今回の件についてカミッレーリ氏は、ルクレールに対して公に謝罪した。


「我々は心から彼に謝罪する」


「肝心なのは、このようなインシデントを二度と起こさないということだ」


「これはチーム側のミスであり、我々はそれを理解した。今は起きたことを忘れ、メルセデスとのギャップを縮めるためにできることすべてをやらなければならない」



(grandprix.com)




レース

9/25(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/26(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜
9/27(日) 決勝 20:10〜


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第10戦ロシアGP 9/27
第11戦ドイツGP 10/11
第12戦ポルトガルGP 10/25
第13戦イタリアGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号