F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1モナコGPのタイヤ選択が発表。フェラーリ&レッドブル・ホンダはソフトを最多の11セット選択

2019年5月16日

 F1タイヤサプライヤーのピレリが、2019年第6戦モナコGPに向けて各ドライバーが選択したタイヤコンパウンドの内訳を発表した。


 モナコGPで使用されるタイヤは、最も硬いハードタイヤ(ホワイト)がC3、中間のミディアムタイヤ(イエロー)がC4、そして最も柔らかいソフトタイヤ(レッド)がC5となっている。


 モンテカルロの市街地コースはオーバーテイクが難しく、予選順位が重要になる。またデグラデーションの問題もあるため、チームはソフトタイヤを多めに用意し、ミディアムタイヤやハードタイヤを重視しない戦略を採る


 今回フェラーリとレッドル・ホンダは、ソフトタイヤを全チーム中で最多となる11セット選択。ハードタイヤとミディアムタイヤはそれぞれ1セットずつで、この2チーム4台はまったく同じタイヤ選択となっている。


 一方メルセデスは、他の多くのチームと同様にソフトタイヤを10セット、ミディアムタイヤを2セット、ハードタイヤを1セット選択している。


 レーシングポイントとウイリアムズは、ソフトタイヤの持ち込み数が最も少ない9セットとなっている。またウイリアムズは、ミディアムタイヤを3セット選択している。


 そのほか、ルノーとハースではチームメイト同士で戦略が別れた。まずルノーは、ダニエル・リカルドがハードを2セット、ミディアムを1セット、ソフトを1セット用意しているが、ニコ・ヒュルケンベルグはハードが1セット、ミディアムが2セット、ソフトが10セットとなっている。


 同様にハースでもケビン・マグヌッセンはハードを2セット、ミディアムを1セット、ソフトを10セット選択し、ロマン・グロージャンがハードを1セット、ミディアムを2セット、ソフトを10セット選んでいる。

2019年F1第6戦モナコGP 全ドライバーのタイヤ選択
2019年F1第6戦モナコGP 全ドライバーのタイヤ選択



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報