F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド、F1スペインGPでポイントを逃したことに苛立ち。「12位を目指すようなマシンではない」

2019年5月15日

 F1スペインGPのレース後半においてルノーが慎重すぎるアプローチをとったことで、ポイント獲得の絶好のチャンスを棒に振ってしまったと、ダニエル・リカルドは考えている。


 リカルドは予選13番グリッドからたったひとつ上の順位につけ、トップ10圏外でフィニッシュした。


 第1スティントではピレリのソフトタイヤを履いていたリカルドは、最終的に8位でフィニッシュしたマクラーレンのカルロス・サインツJr.のすぐ後ろで、彼に引けを取らない走りをしていた。


 しかしルノーは保守的なアプローチを選び、リカルドにハードタイヤを履かせた。トップ10に食い込むチャンスを高められると考えてのことだったが、この戦略は成功しなかった。


「正直なところ苛立ちを感じている」とリカルドはすべてが終わってから話した。


「カルロスは8位につけていて、第1スティントの終わりでは彼を捉えていた。僕はハード、彼はミディアムにタイヤを変え、そのアウトラップで僕を抜いたんだ。僕たちは彼と同じペースを出せていたと思う」


「はっきり言って僕たちは、中団グループが激しい接戦になっているなかで、このマシンでなら可能だった結果を出すことができなかった」


 リカルドの考えとしては、ルノーは偏った戦術の結果としてポイントを獲りこぼしたのだという。


「不完全さがあり、僕たちは穫れる可能性のあった4ポイントを獲得できなかった」とリカルドは語った。


「つまり僕らは、もっと上手くやろうと努力しなければならない。自分たちに何ができるかを把握し、なぜミディアムではなくハードタイヤを選んだのかを理解する。もしも僕たちが慎重すぎたのなら、慎重になるのをやめればいい」


 これまでのところルノーの成績は芳しくなく、リカルドは中国GPで7位入賞という成果を出しただけだ。


「10位のポイントのために戦いたいと思っていないことは確かだ」とリカルド。


「僕たちは8位につけられるだけの十分な力があった。そうできなかったことに不満が募る。12位を目指すようなマシンではないとはいえ、中団グループの競争は激しい」


「もっと上手くやらなければならない。チームに僕の視点から意見を伝えることになるだろう。でも同時にポジティブな面にも目を向けて、皆を励まし続けるよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報