F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレンF1の新マネージングディレクター、ザイドルがスペインGPから指揮を開始

2019年5月10日

 5月1日にマクラーレンF1のマネージングディレクターに就任したアンドレアス・ザイドルは、今週末の第5戦スペインGPにおいて、初めてピットで指揮を執る。


 2017年までポルシェでWEC世界耐久選手権のLMP1プログラムを率いていたザイドルについては、今年の初めにマクラーレン加入が発表されたものの、4月末まではガーデニング休暇の制約下にあった。


 過去にBMWとザウバーでF1に携わっていたザイドルは、今年3月のバーレーンGPでマクラーレンを訪ねて以降、チームの開発作業について内容の把握に務めてきた。


「ついにマクラーレンで仕事を始められたことをうれしく思う。チームのみんなからは、大変暖かく迎えてもらった」とザイドルは語った。


「チームに来て最初の数日間は、ファクトリーでできるだけ多くの人たちと話すようにした。これを今後数週間続けることで、チームへの理解も深まっていくだろう」


「スペインでは、今シーズン最初の数レースで見られたようなパフォーマンスを土台に、さらに作業を積み重ねていこうと思う。ただ、コース上はかなりの混戦模様だ」


「ヨーロッパラウンドの初戦は従来から各チームがアップグレードを施してくる場なので、グリッド上の序列がどうなるのか予測は難しい。だが我々としては引き続き、自分たちのパッケージ開発と主要領域におけるマシン改善に集中していく」


「普段と同じように、このレースウイークにおける目標は戦略、オペレーション、信頼性の強化を確かなものにすることだ」


 バルセロナでのザイドルは、好調なスタートを切った2019年シーズンの勢いを維持するべく、スポーティングディレクターであるジル・ド・フェランの助けを借りつつ仕事にあたる。


 開幕から4戦が終了した時点で、マクラーレンはコンストラクターズ選手権で中団グループのトップに立つ。だがド・フェランは、各チームが行なう種々のアップデートにより、スペインではその順位に変動が生じる可能性があると警戒する。


「バルセロナでは大きな順位変動が起きる可能性がある。多くのチームが様々なアップデートを行なうからだ。これは我々にはコントロールできない」とド・フェラン。


「我々には、自分たちの行なうことしかコントロールできない」


「肯定的な言い方をすれば、我々は自分たちの現在のマシンの長所も短所も理解している。だから把握した弱点については改善する必要があり、そのことに特化していかなければならないと話している」


「バルセロナで、そしてそれ以降のレースで、自分たちがどこへ向かうことになるのか、今はまったく分からない。一歩一歩、前へ進むだけだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
6/22(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
6/23(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報