F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム 第4戦アゼルバイジャンGP編:昨年までのノウハウと2チームの協力によって投入できたスペック2エンジン

2019年5月6日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のレッドブル、トロロッソのコース内外の活躍を批評します。2019年F1第4戦アゼルバイジャンGPを甘口の視点でジャッジ。

----------------------------

 F1第4戦アゼルバイジャンGPでホンダはスペック2となるICE(エンジン)をレッドブルとトロロッソの2チーム4台に一斉投入した。

 新しいスペックは以前の仕様よりも性能が向上しているわけだが、テストベンチで出ていた性能が必ずしも実走行でそのまま反映されるわけではない。

 昨年9月ロシアGPではスペック3が投入されたが、オシレーション(共振)の問題が出たために、土曜日以降は旧スペックに戻して戦った。また、スペック2を投入した昨年6月のカナダGPでは予期せぬトラブルが発生してパワーユニット(PU/エンジン)交換を余儀なくされた。

 しかし、今回のアゼルバイジャンGPでは週末、パワーユニットに目立ったトラブルは起きなかった。それはホンダのスタッフが新スペック投入に向けて、さまざまな準備を行ってきたからにほかならない。

「昨年までの新スペック投入時の準備や投入したグランプリでの実走行時のキャリブレーション(電子制御の調整)や最適化の経験を踏まえて、今年は新しいスペックを入れる際にどこをどのように確認しておくべきかというノウハウとその精度が向上したからだと思います」(田辺豊治F1テクニカルディレクター)

 ホンダだけではなく、レッドブルとトロロッソの協力も忘れてはならない。

「レッドブルとトロロッソの2チームだけでなく、レッドブル・テクノロジーとも一緒に仕事していて、彼らにはイギリス・ミルトンキーンズにあるHRD MKだけでなく、HRD Sakura(栃木県の本田技術研究所)にも来てもらって、ギヤボックスを結合させるなどのさまざまなテストをしていることが、現在の状況につながったのだと思います」

「ただ単に長い時間、ベンチでテストしていたというわけではなく、こういうスペックを入れるときは、何を確認しておくべきかということを去年までの経験から学び、今回は必要なテスト項目を事前に設けて、しっかりと準備ができたと思います」(田辺TD)





レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報