F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム 第4戦アゼルバイジャンGP編:昨年までのノウハウと2チームの協力によって投入できたスペック2エンジン

2019年5月6日

 こうした見えない地道な努力によって、ホンダが投入したスペック2のエンジンは、4台ともその性能を発揮していた。その結果、アゼルバイジャンGPでは4台中2台がリタイアしたものの、レッドブルはフェラーリとのギャップを確実に詰めることに成功した。

「日曜日のレースでわれわれはフェラーリよりも速かった。ピエール(・ガスリー)のペースは(シャルル・)ルクレールと同等だったし、マックスは序盤に(セルジオ・)ペレスの後ろでタイムを失っていなければ、第2スティントでセバスチャン(・ベッテル)にもっと早く迫っていただろう」(クリスチャン・ホーナー代表)

 トロロッソも日曜日の突然の失速がなければ、ポイント獲得は十分に可能だった。

「僕たちは予選で非常にコンペティティブだったのに、レースで突然ペースを失った。何があったのか、調査しなければならない」(ダニール・クビアト/中盤10番手を走行)

 昨年までのホンダは、パワー感度が大きいサーキットでは好結果が望めない状況にあったが、今年のバクー・シティ・サーキットでのパフォーマンスを見る限り、大きなハンディにはなっていなかった。

 今回のスペック2投入は、単にエンジンの性能向上を果たしただけでなく、ホンダがF1でトップを争うための階段をまた一段駆け上がっていることを確認できた忘れられない一戦となった。

(Masahiro Owari)





レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報