F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「ホンダのスペック2エンジンに進化を感じた」。今季はペナルティ覚悟の積極的アップデートを計画

2019年5月5日

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ホンダがF1第4戦アゼルバイジャンGPでシーズン2基目のエンジンを投入し、2019年シーズン中にグリッド降格ペナルティを受ける可能性が高まっていることを認めた。しかしチームの方針として、ホンダがパワーユニット(PU/エンジン)の性能を向上させることを重視しており、今年は制限基数を超えることは想定内であるという。


 2019年F1規則では、21戦のなかで6エレメントのうちICE(エンジン)、MGU-H、ターボチャージャーは3基に、エナジーストア、コントロールエレクトロニクス、MGU-Kは2基に制限され、それを超えるとグリッド降格ペナルティを科される。


 しかしホンダは、中国GPでトロロッソのダニール・クビアトに発生したトラブルを解析した結果、初戦から使用してきたICEに品質観点での課題を確認したとして、アゼルバイジャンでレッドブルとトロロッソの全4台にアップデートしたスペック2のICEを投入することを決めた。


 マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーのマシンには、シーズン2基目のICE、2基目のターボチャージャー、2基目のMGU-H、2基目のMGU-K、クビアトとアレクサンダー・アルボンには3基目のICEがそれぞれ導入された。


 ホンダはICEのアップデートについて「主に信頼性を向上させ、若干のパフォーマンスアップも行った」と述べている。


 ホーナーは、アゼルバイジャンでのパワーユニットについて「いい手応えがあった」と語ったとFormula1.comが伝えた。


「彼ら(ホンダ)は強力なレースをした。決勝ではこれまでよりもエンジンをプッシュすることもできた。すべて進化の一環だ」


「前のエンジンにも問題はないため、金曜日に使用する。最初から今年は3基より多くのエンジンを使用する予定だった。(メルセデスやフェラーリに)追いつくためには、限界を押し広げる必要がある。彼らは今それをやっている」

■「RB15の問題点を解決しつつある」とレッドブル代表ホーナー

 一方、レッドブルは、2019年型マシンRB15を最適なウインドウに入れることに苦労してきた。しかしマシンへの理解を進めたことで、アゼルバイジャンではある程度の進歩が見られたと、ホーナーは述べている。


「メルボルンでは強力なレースをした。マックスはレースの大部分においてルイス(・ハミルトン)にチャレンジしていた。バーレーンでは苦戦し、問題が明るみに出たが、それ以来、その問題点について改善してきた」


「中国では強さを増し、バクーではさらに強くなった。(例年あまり得意ではないコースの後で)ヨーロッパに向かい、我々に適したサーキットで戦えるのを楽しみにしている」

2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 フェルスタッペンはここまでの4戦で3位を1回、4位を3回獲得し、ドライバーズランキング4位に位置している。レッドブルはコンストラクターズランキングで、メルセデス、フェラーリに続く3位となっている。



(autosport web)




レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報