F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1代表「次戦スペインGPのアップデートは、大改革というより小さな進化」

2019年5月3日

 レッドブルF1代表のクリスチャン・ホーナーは、次戦のF1第5戦スペインに向けて、レッドブルRB15に大規模なアップデートを施すことはせず、ごくわずかに進化させるだけにとどめる、と語った。


 マックス・フェルスタッペンの働きにより、レッドブル・レーシングは今シーズンこれまでの4戦すべてのレースでポイントを獲得している。フェルスタッペンは開幕戦オーストラリアGPで表彰台に上り、その後は第2戦バーレーンGP、第3戦中国GP、第4戦アゼルバイジャンGPの3戦連続で4位に入っている。


 今もレッドブルは、ライバルであるメルセデスとフェラーリとの差を埋めるべく努力を続けている。開幕からの2戦は、リヤエンドのダウンフォースに関する問題がRB15のパフォーマンス改善をするうえで重くのしかかっていたが、セットアップを変更したことにより、マシン全体の改善につながった。


 しかし、パッケージに大幅なアップグレードを施した2018年のバルセロナと比べると、次週のレースではRB15のバランスを改善し、タイヤのデグラデーションを減らすといったわずかなアップデートを加えるだけにとどまりそうだ。


「ごくわずかな変化であり、単なる進化のひとつと言える。通常行っている、フロントとリヤウイングのアップグレードになるだろう。大改革というより、小さな進化だ」とホーナーは語った。


「今年の初め以降、上位チームとの差は縮まってきたように思う」


「メルボルンでは強力なレースを展開できた。あのときはマックスがほとんどの時間、ルイス(ハミルトン)を追い込んでいた」


「バーレーンは我々にとって厳しいレースだったが、それ以降での改善につながる課題もいくつか浮かび上がった。中国ではより強力に戦えたし、過去に我々の強みを発揮しづらかったバクーのコースでは、さらに強いレースができた」


「ヨーロッパに戻って戦うことを楽しみにしている。今後のレースには、チームの特性に合うコースもいくつか含まれているからね」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報