F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハースF1、次戦アゼルバイジャンGPでタイヤに関する問題が再発することを危惧

2019年4月16日

 ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは、バーレーンGPと中国GPでVF-19のパフォーマンスに付きまとったタイヤの問題が、アゼルバイジャンGPでチームにさらに重くのしかかってくることを懸念している。


 開幕戦オーストラリアGPではケビン・マグヌッセンが6位でフィニッシュし、ハースは2019年シーズンを着実なかたちでスタートした。しかしそれ以降、チームのパフォーマンスレベルは勢いを失っている。バーレーンGPと中国GPでは、マグヌッセンとチームメイトのロマン・グロージャンはいずれもポイント圏外だったのだ。


 ふたりのドライバーは今シーズン3度目となる予選Q3進出を果たし、VF-19はショートランで強力なペースを発揮できることを示した。


 しかし日曜決勝でのマシンは、マグヌッセンとグロージャンにポイント獲得のチャンスを与えられるものではなかった。レースでは、バーレーンで始まったトラブルがまだ解決されていないという明確な兆候が見られた。


「バーレーンの後で問題を理解したが、ここに間に合うように解決できなかった。まだやるべきことが残っている」とシュタイナーは語った。


「作業を続け、大きな問題の解決策を見つ出す必要がある」


「プレシーズンテストのときにはなかった問題だ。テストのコースは、バーレーンや上海、またバクーとはまったく性質が異なるからね」


「バクーではさらに状況が悪くなるだろう。失望することになるだろうから、心の準備をしている。バクーの前に何かしら発見があることを望んでいる。こうしたコースでは、タイヤにエネルギーを伝えることができないのだ」


 シュタイナーは、コースの構成がフェラーリのパワーユニットを搭載したハースのVF-19と最も相性が悪いことを明らかにした。


「長いストレートと低速コーナーからなる高速トラックでは、タイヤを温めることができない。そういうことだ」


「プレシーズンテストでは、いくらバルセロナが寒かったとしても、タイヤに何度も負荷をかけ、エネルギーを伝え、温度を保つことができた」


「オーストラリアは気温が高かったので問題はなかった。しかしバーレーンと上海では、うまくいかなかったのだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/23(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※フランスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン187
2位バルテリ・ボッタス151
3位セバスチャン・ベッテル111
4位マックス・フェルスタッペン100
5位シャルル・ルクレール87
6位ピエール・ガスリー37
7位カルロス・サインツJr.26
8位キミ・ライコネン19
9位ダニエル・リカルド16
10位ニコ・ヒュルケンベルグ16

チームランキング

※フランスGP終了時点
2位メルセデス338
2位フェラーリ198
3位レッドブル・ホンダ137
4位マクラーレン40
5位ルノー32
6位レーシングポイント19
7位アルファロメオ19
8位トロロッソ・ホンダ17
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報